親子ボードゲームで楽しく学ぶ。

世界のボードゲーム・カードゲームで遊び、家族でコミュニケーションしながら知育。おすすめの「初心者や子供でも楽しいボードゲーム」「大人でも楽しめる子供ゲーム」などライトなアナログゲームのレビューです。

ゼウスを捕まえるのは誰だ?遊びながら数字に強くなる算数カードゲーム「ゼウスの逃亡(Zeus on the loose)」

神々の王ゼウスが逃げ出した!ゼウスを捕まられるかどうかは君にかかっている。神々を召喚つつオリンポス山をのぼり、頂上の神殿でゼウスを捕まえていられれば、君も神々の一員だ。
f:id:bg4kids:20160701063006j:plain

「ゼウスの逃亡(Zeus on the loose)」は、ギリシャ神話をモチーフにしたカードゲーム。先日紹介したスリーピングクイーンズと同じ米国Gamewright社が出しています。

スリーピングクイーンズ
は女の子向けなストーリーですが、こちらはどちらかというと男の子向けのストーリーですね。

bg4kids.hatenablog.com

日本語版がないので「ゼウスの怠慢」と訳されているサイトもありますが、looseをルーズと読みだらしないと意味させるのは和製英語。なので、「ゼウスの逃亡」という名前にしました。

足し算でオリンポス山を登ってゼウスを捕まえろ

内容物

カードゲームです。1から10までのカードと、プラスチックでちょっとチープな感じ黄色いゼウスの駒がついています。やっぱりドイツゲームの木製駒の方が質感がありますね。
f:id:bg4kids:20160701063341j:plain

ゲームの流れ

手札を4枚づつ配り、残りは山札となります。
順番に手札から、好きなカードを出していき、場の数字と足し算をした合計を宣言していきます。出したら手札を補充します。

8、3、5が順番に出され、8-11-16と宣言されました。ここに7を加えて23を宣言しようと思います。
f:id:bg4kids:20160701063413j:plain

10、20、30・・・と、宣言した合計の数字の一の位がちょうど0となった際には、ゼウスを捕まえたことになり、そのプレイヤーがゼウス駒を手元に持ちます。

勝敗

数字の合計が100となるときがオリンポス山の頂上です。100以上になったときに、ゼウス駒を持っている人がそのラウンドの勝者で、
Z-E-U-Sのうち一文字をもらいます。4回勝てばZEUSとなり、最初にそろえたプレイヤーがゲームの勝者となります。

オリンポスの神々カード

このゲームを単なる足し算から面白く味付けしているのが、オリンポスの神々のカードです。数字カードの代わりに出して特殊な効果が発動します。

  • アポロン、アルテミス:ゼウスを捕まえることができる。
  • アテナ:次の順番の人をスキップする。
  • ヘルメス:数字の一の位と十の位を逆転する(27が72に)。
  • アフロディーテ:数字を一の位で四捨五入し、さらにゼウスを捕まえる。
  • ポセイドン:数字を10減らしつつ、ゼウスを捕まえる
  • アレス:今の合計に関わらず数字を50にしてゼウスを捕まえる。
  • ヘラ:いきなり数字を99にして、ゼウスを捕まえる。

f:id:bg4kids:20160701063448j:plain
f:id:bg4kids:20160701063505j:plain

100を巡る熱い攻防で数字に親しむ

雰囲気としては、運動場や砂場で砂山に棒を刺してで遊んだ棒倒し。最初は適当に過ごしつつ、最後の一手を誰が踏むかが肝のゲームです。
100になった時点で勝敗が決まるので、はじめはゼウスを誰が取ってもあまり意味がありません。序盤戦はカードを温存しながら緩やかに進みますが、終盤は貯めてきたカードの応酬でゼウスの奪い合いとなり、一気にボルテージがあがります。

とはいえ序盤ののんびり感も、結構な割合で入っている神々のカードが壊してしまうこともあるから、油断大敵。
最強のヘラカード(あまりに鬼畜なので1枚しかありません)を使えば、5や10くらいからいきなり99のクライマックス。シータが空から落ちてきたと思ったら天空の城ラピュタが落ちてきた、くらいの勢い。

手札との足し算をしながら「どうやって10の倍数にしようか」と考えつつのプレイ。マイナス10のポセイドンもあり、足し算と引き算の両方の勉強になります。おまけに四捨五入も。
スリーピングクイーンズよりは、ちょっと年齢が上でしょうか。6-10歳くらいでは、遊んでいるうちに算数が身につく知育ゲームとして、かなりおすすめです。

日本語版にして、キャラクターものとかにすれば、学童などでヒットしそうな気もします。

項目 公式表記 コメント
年齢 8歳以上 2桁わかって足し算ができればOK
時間 30分 1ラウンドで終わりにすれば10分で
人数 2-5人
項目 評価 コメント
ルールの易しさ ★★★★☆ 簡単なルール
大人も楽しい ★★☆☆☆ 子どもむけ
2人でも楽しい ★★★★☆ 2人でも楽しめる
総合評価 ★★★★☆ 楽しく算数に親しめるゲーム