読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親子ボードゲームで楽しく学ぶ。

世界のボードゲーム・カードゲームで遊び、家族でコミュニケーションしながら知育。おすすめの「初心者や子供でも楽しいボードゲーム」「大人でも楽しめる子供ゲーム」などライトなアナログゲームのレビューです。

おじさんへのクリスマスプレゼント選びが運命を決めた?

雑記

私がまだ若かりしころの、忘れられないクリスマスの思い出話です。

ドキッ!おじさんだらけのプレゼント交換会

「今年のクリスマスは、みんなでプレゼント交換をやらないか?」

クリスマスが迫ったある日。私が所属していた社会人サークルの集まりで、リーダー格のおっさんが言いだしました。

「お、そういうイベントやるのもいいね。やろうやろう!」
他のメンバーも賛同します。

しかし、そのサークルの平均年齢は40代くらいで、20代は私を含め数名という構成。しかもほぼ全員が男性というメンバーです。

おじさん同士でプレゼント交換会??

「ちょっと待って、みんな。冷静にお互いの顔を見て。おっさん達だけでプレゼント交換をして何が楽しいの?」

という私の発言は、あくまで心の声。当時若造だった私に発言権などありません。

「じゃ、予算はだいたい2,000円前後にしよう。次回の会合でみんなひとつずつ持ってくること。」


おじさんが喜ぶプレゼントって?

やると決まったからには仕方がない。プレゼント選びです。

「クリスマスにおっさんのためのプレゼントを悩むとは、俺はいったい何をやっているんだろう。」と思いつつも、やるからには、ちゃんと選ばないと・・・。

ささやかなプレゼントといえば、基本は「自分で買うことはないけども、もらえるとうれしいもの」です。

プレゼントを後々とっておかれるのもなんだし、相手にとっても邪魔になるかもしれないので、できれば消えものが望ましいかも。

「よし、これだ!」
私が思いついたのは栄養ドリンク

【第2類医薬品】ユンケルスター 50mL
当時は若者向けのエナジードリンクなんてもちろんなく、栄養ドリンクといえば、まさにおじさん専売特許の飲み物。

高価なドリンクは、それなりに効き目があるかもしれないけど、高いのを買うには奮発しないといけないからちょっとハードルがあります。消えものだし、まさにベストチョイス。

私は、薬局でユンケルの高いのを1本買って、それを丁寧にラッピングしました。

「われながら、なかなかいいセンスだ。」


運命のプレゼント交換会

プレゼント交換の日がやってきます。

前代未聞のおじさんだらけのプレゼント交換会ですが、参加メンバーという点を除けば、普通のプレゼント交換です。

テーブルのうえに山にしたプレゼントから、順番にクジをひいていき、該当する番号のものを受け取っていきます。

なんとなく年長者からクジを引いていく流れで、プレゼントを受け取ったらその場で開封してお披露目です。

「お、LAMYのサファリだ。なかなかいいじゃないか。」

「アロマソープ!こんな女子っぽいもの、誰だ?」

「へへへ、俺ですよ。プレゼント交換とといえばこういうもんでしょ。」

f:id:bg4kids:20161220064843j:plain
おじさんばかりのさみしいイベントなんて、当然シラケるだろうと思いきや、なかなかの盛り上がり。こんなイベントもたまにはいいかもと、私も楽しくなってきました。

しかし、プレゼントがどんどん配られて減っていくうちに、私は大きな誤算があったことに気がついたのです・・・。

ユンケル君の悲しい運命

私の誤算は、「おじさんだらけのプレゼント交換会は、おじさんだけのプレゼント交換会ではなかった」ということ。

参加メンバーのなかに、おじさんとは対極の若い女性が一人いたことを、私はすっかり忘れていました。

その子は最年少ということもあり、遠慮気味でクジを引く気配もありません。


おじさんに対しては自画自賛のプレゼントですが、もし女性に当たったとしたら、精力アップのドリンク剤なんて、常識はずれのありえないプレゼント。

「だれかひいてくれ・・・お願い。」

テーブルの上のプレゼントが減っていくにつれ、私の心の叫びは悲鳴にかわっていきます。


しかしながら、運命は残酷です。私のプレゼントは、おじさん連中はなぜかスルーしていきます。

そして、テーブルの上には私のプレゼントだけが残り、そして彼女もクジをひかずに残っていました。


「残りものには福があるってことで、さぁ、あけてあけて。」

「あ、細長い箱が入っている。なんだろう・・・!!!」
f:id:bg4kids:20161219070814p:plain:w400


その子は絶句。「こんなプレゼント選んだのは誰だ?」と、みんなは大爆笑。私は生まれてこの方ないくらい、小さくなっていました。

プレゼント交換会としては、最後に私が全部もっていったオチのせいもあり、大盛況となりました。


彼女は一応プレンゼントなので、ユンケルを家に持ち帰ることに。

「年頃の娘がクリスマスに男性からもらったプレゼントが、なんとユンケル!」と、家庭でも冷ややかな笑いを提供。

高級なユンケルは、家庭でしばらくさらし者になったあと、誰にも元気を与えることなく賞味期限切れ。ほこりをかぶってゴミ箱行きとなったそうです。


後日談〜初めてもらったプレゼントは?

さて、役目を果たすことができなかったユンケル君の運命を、私がそんなに詳しく知っているのか。

それは、その時の女性が、のちの私の妻だから。


もちろん、ドリンクをもらったときにビビっときたわけでもなんでもなく、「こんなプレゼント持ってくるなんてキモイやつ」という認識。私の方は平謝り。

ただ、お互いにまったく眼中になかったところ、大幅なマイナスながら、お互いに相手のことを強烈に認識する出来事でした。

このプレゼント交換がなければ、相手を認識することなかったかもしれないので、もしかしたら運命をわけたイベントだったかも。

さらに、このプレゼント交換から、妻に頭があがらない私の運命がスタートしたのかもしれません・・・。