親子ボードゲームで楽しく学ぶ。

世界のボードゲーム・カードゲームで遊び、家族でコミュニケーションしながら知育。おすすめの「初心者や子供でも楽しいボードゲーム」「大人でも楽しめる子供ゲーム」などライトなアナログゲームのレビューです。

自分だけの水族館を作ろう「アクアレット(Aquaretto)」

動物を集めて自分の水族館を作っていくアクアレット(Aquaretto)。子ども受けしそうな外観の一方で、悩ましさたっぷりの思考型ゲームです。
f:id:bg4kids:20160624061215j:plain

きみが水族館のオーナーだ!

内容物

日本の住宅事情なんて考えてくれないドイツゲーム。30センチ角の大きな箱には、水族館用の作っていく土地のボード、動物のタイル、タイルを入れて引くための巾着袋、木製トレイ(動物を運搬するトレーラーのイメージ)、コイン、従業員の駒が入っています。
f:id:bg4kids:20160624061244j:plain

準備

まずは各自の水族館ボードを配ります。まだ動物がいないので水族館というよりただの野原。そして、動物が溢れてしまいったときに入れておくプールと、そして水族館を拡張するときに使うボード、最初の資金としてコインを2つをそれぞれもちます。
巾着袋に動物タイルをつめ、中央に人数分の木製トレーラーをおいたらスタートです。

f:id:bg4kids:20160624061306j:plain

ゲームの流れ

「動物の入手」「動物の配置」のフェーズがあり、これを繰り返して自分の水族館に動物を増やしていきます。

1 動物の入手

タイルを順番に巾着袋から引いて、出てきた動物をトレーラーに積む、あるいはトレーラーの動物を引き取っていきます。

それぞれの順番では、
A)タイルを引いてトレーラーにのせる。
B)トレーラーにのった動物を引き取る。
C)お金を使って購入などする。

のいずれかができます。トレーラーを引き取れば、そのプレーヤーはフェーズ終了。残ったメンバーでトレーラーを全部引き取り終わるるまで順番を繰り返します。

引いた動物は好きなトレーラーにでも置くことができます。ほしい動物は同じトレーラーに積むといいですね。f:id:bg4kids:20160624062425j:plain

順番が進めばどんどん埋まっていきますが、全部埋まる前に引き取ることもできます。動物でなくコインがもらえるタイルもあります。f:id:bg4kids:20160624062438j:plain

2 動物の配置

引き取ったトラックから、水族館に動物を配置します。ただし、「同じ動物は隣合わなければならない。」「違う動物は隣合ってはならない。」というルールがあります。
したがって、限られた土地のなかに動物をどのように配置するかが、考えどころのひとつ。配置できなかった動物は、マイナス点となる予備プールに入れることになります。

先にアシカとシャチを引き取って置くことにしました。他のプレイヤーたちはまだタイルを引いています。f:id:bg4kids:20160624062650j:plain

その他

コインの入手

同じ種類の動物を3、6、9と3の倍数集めたときには、臨時収入としてコインがもらえます。なので、できるだけ同じ種類をたくさん集めると、スペースもとらずコインも増えます。

土地の拡張

動物を配置していくと、スペースが不足していきます。コインを使用して拡張をすることができます。
f:id:bg4kids:20160624063801j:plain

♂♀マークがある動物が揃うと赤ちゃんが生まれます。ただし、スペースがないと、赤ちゃんが生まれたけど配置できずにプール行きというかわいそうな結果にも。
ペンギンに赤ちゃんが産まれました。
f:id:bg4kids:20160624062950j:plain

同じ種類の動物を5、10と5の倍数集めたときには、従業員が増えます。
従業員は、調教師や切符売り場、飼育員として配置ができ、得点計算の際のボーナス効果となります。
f:id:bg4kids:20160624063452j:plain

勝敗

タイルを全て引き終わったら終了。各プレイヤーの水族館の得点を計算します。
基本的に動物の数だけ得点です。プールにいる動物は一種類につきマイナス2。調教師、飼育係、チケット売り子などでボーナスがあります。

可愛い見た目と裏腹のジレンマたっぷり

動物の入手のところで、どのタイミングでどの動物を引き取るか、すでに水族館にいる動物とにらめっこ。
早めに引き取ると選択肢が多いけど、得られる動物も少ない。待っているほどたくさん入手できる一方で、他のプレイヤーがいるなかで、先に取られて不要な動物ばかりになるリスクも。
限られた水族館のスペースに「どうやったら必要な動物たくさんをおけるのか」という、パズル的な思考が必要です。

遊んでいると、木のトレイが本物のトラックに見えてきて、水族館の風景が浮かんできます。可愛いテーマでつかみはOK、30分程度でサックリ終わるので、ルールさえ理解すれば子どもでも十分できる本格ゲームです。

項目 評価 コメント
ルールの易しさ ★★★☆☆ 理解すれば単純
大人も楽しい ★★★★☆ 大人が楽しいけ
2人でも楽しい ★★★☆☆ 2人でも遊べます
総合評価 ★★★★☆ 子どもが遊べる本格ゲーム

アクアレット 並行輸入品

アクアレット 並行輸入品