読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親子ボードゲームで楽しく学ぶ。

世界のボードゲーム・カードゲームで遊び、家族でコミュニケーションしながら知育。おすすめの「初心者や子供でも楽しいボードゲーム」「大人でも楽しめる子供ゲーム」などライトなアナログゲームのレビューです。

子どもには『嘘をついたらダメ』よりも『このときは嘘をついてもいいよ』の特権が効き目あり?「ごきぶりポーカー(Kakerlakenpoker)」

先日、本物の車にクレヨンで落書きできるイベントをやっていました。車に落書きなんて、やっちゃいけないこと。うちの子は初めはおそるおそるおそる。でも、しばらくして、やっぱり大丈だと確認ができると、解放されておもいきり描きまくっていました。

嘘をつくことも、子どもにとってはこっぴどく叱られることのひとつ。でも、そもそも分かっちゃいるけどやってしまうことなので「ダメ」ばかりでは抑圧されてしまいます。そこで「このときは嘘ついてもいい」という特権を与えることで、ガス抜きしつつ「それ以外のときは嘘はつかない」という逆説的すりこみが子どもにとって有効かも。

というわけで、ごきぶりポーカー/Kakerlakenpoker」シンプルなルールながら奥の深いブラフゲームです。
f:id:bg4kids:20160618191350j:plain

目の前のカードは一体ウソなのかホントなのか?

内容物

ゴキブリ、ハエ、カエルなど、嫌われものの動物8種が描かれたカードが8枚づつ、計64枚のカードです。同じ種類でも絵柄がひとつづつ異なっており、なかなか丁寧です。
f:id:bg4kids:20160618191423j:plain

ゲームの流れ

カードを全数それぞれに配ります。順番が回ってきたプレイヤーは、手札から渡したいカードを1枚選びます。そのカードを、任意のプレイヤーを指定して裏向きに渡しつつ、そのカードの種類について「ゴキブリ」など宣言します。この宣言は、嘘でも本当でもどちらでも構いません
f:id:bg4kids:20160619070202j:plain

渡されたプレイヤーの選択は2つあります。
1)この宣言が「本当」か「嘘」かを当てる。 「本当」「嘘」のどちらかを言って、表にします。当たっていれば、カードを渡した方の人が引き取ります。外れていれば、渡された方が場札として引き取ります。
2)中身を確認して他のプレイヤーに回す 自分だけ中身をみたうえで、そのまま他のプレイヤーに回すこともできます。その際は、「カメムシ」など新たな宣言をします。最初の宣言と同じである必要はなく、当然嘘をついてもつかなくても構いません。

カードを引き取ることになったプレイヤーは、次のラウンドを今度はカードを渡すプレイヤーとして開始します。

勝敗

引き取ったカードのうち、同じ種類のものが4枚となってしまったプレイヤーは離脱します。最後に残ったプレーヤーが勝者となります。

徐々に深くなる心理戦

最初は「ウソかホントか当てるだけ」なので、当てるといっても顔色を読むことが中心です。
しかしながら、ゲームが進んでくると、引き取ったカードという要素がプラスされてきて、一気に心理戦が面白くなってきます。「ハエはかなり嘘くさいが、手元にハエを3枚引き取っているから、万が一本当だったら離脱になる。悔しいけど本当と言っとくか」など、
それぞれのプレイヤーが背負っているものがプラスされた深い心理戦となるところがゴキブリポーカーの魅力です。

「負け抜け」のシステムであるため、ワンサイドゲームで早々に離脱した人は面白くなくなります。しかし、ごきぶりポーカーは攻撃の対象任意であるため、引き取りカードが少ない優勢なプレイヤーへの攻撃が集中します。そのためある程度のバランスが自然にとれるのもよくできたシステムです。

「自分の手元に3枚あるのに、クモを出してくることはないだろう。嘘だ!・・・え~、ホントだったの?」f:id:bg4kids:20160619071221j:plain

「フフフ、ゴキブリは場に6枚出てるし、自分の手元に2枚。だからありえない!嘘だ!」f:id:bg4kids:20160619071244j:plain

難点はカードの品質がイマイチなところ。乱雑な子どもの手にかかれば、どこまでもつかは心配です。

深い心理戦の部分は大人向きで小さな子どもにはちょっと早いですね。でも「嘘をついてもいい」「あてっこ」の部分は楽しくルールも単純なので、子どもでもできるブラフゲームとしてオススメです。

大人にとっては心理戦なので気心知れたメンバーと遊ぶと盛り上がります。社員旅行やサークル合宿などのお供に私ならこれとゲシェンクあたりを初めての人でもできるものとして持っていくでしょうか。

項目 評価 コメント
ルールの易しさ ★★★★★ シンプルなルール
大人も楽しい ★★★★★ 大人が楽しい
2人でも楽しい ★★☆☆☆ 多いほど楽しい
総合評価 ★★★★★ ブラフゲームの傑作

Drei Magier ごきぶりポーカー

Drei Magier ごきぶりポーカー