読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親子ボードゲームで楽しく学ぶ。

世界のボードゲーム・カードゲームで遊び、家族でコミュニケーションしながら知育。おすすめの「初心者や子供でも楽しいボードゲーム」「大人でも楽しめる子供ゲーム」などライトなアナログゲームのレビューです。

俺色にそまれ。テトリス風ピースで自分の色を確保するパズルライクな白熱陣取りゲーム「ブロックス(Blokus)」

思考力 メンサセレクト

昨日は皆さまからあたたかいコメントやアドバイスをいただき、ありがとうございました。本当に励みになります。
出来る限りご紹介していけるよう努めますので、今後ともよろしくお願いいたします。

さて、本日はフランス発祥のパズルライクな陣取りゲームゲームブロックス(Blokus)をご紹介します。

f:id:bg4kids:20160707061539j:plain

自分の色をたくさん置いて陣地をキープ

内容物

・ゲームボード
テトリス風の1~5マスのブロックで構成されたピース(21ピース×4色)

ゲームの流れ

色ごとに分かれてピースを手にし、四隅からスタート。ピースを順番に置いてていきます。
f:id:bg4kids:20160707061547j:plain

ピースを置くときのルール

ピースを置く際は、
・ピース同士は角をくっつけて配置しなければならない
・ピース同士は辺ををくっつけてはいけない

というルールです。

ピースの角をつけて置いていきます。
f:id:bg4kids:20160707061541j:plain

×離れていたり辺がくっつくのはダメです
f:id:bg4kids:20160707061545j:plain

他のプレイヤーとは辺がくっついてもOK
f:id:bg4kids:20160707061559j:plain※1番下の赤は離れていてアウトでした

勝敗

ピースが置けなくなったら終了です。ます目を一番多く埋めた人、すなわち残ったピースのます目(ピースの枚数ではありません)が、一番少ない人が勝利となります。

陣取りしたようで取れていない

他のプレイヤーが入れない自分の陣地を確保することと、だんだん置きにくくなる大きいピースを早めに置いていくこと、が基本の戦略となります。できるだけ戦線を伸ばして自分だけが置けるスペースを確保しつつ、相手の確保した陣地に何とかして侵入し奪っていく、攻めたり守ったりの関係が面白いです。

自分のピースは辺を接しておくことができないため、斜め方向からの侵入が結構しやすい仕組み。なので、完全な守りは難しく、攻める側が強いことから、中盤以降は陣地の取り合いがどんどん白熱します。

【序盤】それぞれ、真ん中方向にすすみ、自分の陣地をキープしていきます。f:id:bg4kids:20160707061549j:plain

【中盤】他のプレイヤーのキープした陣地に攻め込んで戦線を拡大していきます。f:id:bg4kids:20160707061552j:plain

【終盤】もう入り乱れてきました。みんな置ける場所を必死にさがします。f:id:bg4kids:20160707061558j:plain

パッケージには「頭をフル回転で熱くなる」とありますが、特に序盤ではやれることも多く、致命的な手はないため、考えこむことはなく割と気軽にプレイすることができます(本当は将棋と一緒で素人だからあまり考えてないだけなのかもしれませんが)。
とはいえ、それなりに考えて自分が次に置くための布石を置いておかないと、早々に置く場所がなくなってしまうことも。終盤は置けるわずかな隙間を探すのに必死になります。

留意点は4人向けに作られており、4人プレイ以外はダミープレイヤーをいれての4色プレイとなることでしょうか。それはそれで面白いです。ルールは簡単、カラフルな見栄えで、ソコソコ頭をつかうところがいい感じで、子どもを交えて家族で遊ぶのに楽しいゲームです。

項目 公式表記 コメント
年齢 7歳以上 4歳くらいからできるかも
時間 20-30分
人数 1-4人 1人はさみしいです
項目 評価 コメント
ルールの易しさ ★★★★★ 1分で覚えられるらしい
大人も楽しい ★★★★☆ 大人も楽しい
2人でも楽しい ★★★☆☆ 楽しが4人がベスト
総合評価 ★★★★☆ 白熱する陣取り

ブロックス (BJV44)

ブロックス (BJV44)