親子ボードゲームで楽しく学ぶ。

世界のボードゲーム・カードゲームで遊び、家族でコミュニケーションしながら知育。おすすめの「初心者や子供でも楽しいボードゲーム」「大人でも楽しめる子供ゲーム」などライトなアナログゲームのレビューです。

タイル争奪戦と配置が楽しいファミリーボードゲーム「キングドミノ(kingdomino)」【2017年ドイツ年間ゲーム大賞】

2017年ドイツ年間ゲーム大賞を受賞した、ドミノ型タイルで王国を発展させていくタイル配置型ボードゲーム「キングドミノ(kingdomino)」です。

短時間で遊べるうえ、得点計算を通じて子供のかけ算の練習になるので、わが家の最近の稼働率はかなり高いです。

f:id:bg4kids:20170816073134j:plain

ドミノを獲得して自分の王国を作ろう

内容物

割とコンパクトな箱を開けると、コンポーネントが隙間なく入っていて、収納もしやすい機能性重視の中身。

海外ボードゲームといえば、箱ばかり大きくて中がスカスカですが、キングドミノは違います。他のボードゲームも見習ってくれれば、もっと家の収納が圧迫されないのに。

f:id:bg4kids:20170816073155j:plain

中身の大半を占めているのは、このゲームの特徴でもある長方形のドミノ型タイル。紙製ですが厚みがあり、たしかにドミノといえるくらいしっかりしています。

タイルの片面には地形、裏面には1〜48までの番号が描かれてナンバリングされています。

f:id:bg4kids:20170816073257j:plain

あとはそれぞれのプレイヤーが使用するコマなどです。
・城コマ 4個
・スタートタイル 4個
・国王コマ 4色×2個=8個

f:id:bg4kids:20170816073217j:plain

準備

プレイヤーはそれぞれスタートタイルの上に城コマを乗せて、手元に置きます。

これが最初の王国で、城以外の領地がない裸一貫からのスタートです。

f:id:bg4kids:20170816073242j:plain
まず、最初の領地を選択するところから始まります。

タイルを4枚引き、これを番号順に並べ替えて、裏返して地形面を出します。

国王コマを集めて、誰かが手で握るなどしてクジ引き方式で引いていき、順番に好きな地形タイルの上に置いていきます。これが最初の領土になります。

f:id:bg4kids:20170816072902g:plain

ゲームの流れ

国王となり、価値ある王国を目指すべく、王冠のついている領地をできるだけ広げていくことが目的です。

下記の流れでラウンドを繰り返していきます。最終的には12枚の領土タイルを獲得し、5×5=25マスの王国を作っていきます。

1)領土タイルの準備

争奪の対象となるタイルを4枚を引き、番号が若い方を上にして順番に並べて、表にします。

2)領土タイルの獲得

上に位置するプレイヤー(番号が若いタイルに乗っていたプレイヤー)から、好きなタイルへ国王コマを移動させます。

3)王国領土の拡張

移動後に、元いた領土タイルを獲得して自分の王国につなげていきます。

f:id:bg4kids:20170816072828g:plain

タイルを獲得して自分の領地として追加していくことによって、お城だけだった王国がだんだん広がっていきます。
f:id:bg4kids:20170818052647j:plain

勝敗

ゲームが終了したら得点計算です。

つながっている同じ地形の領土ごとに王冠の数×マスの数で得点を計算していきます。
※ここが、わが家ではかけ算の練習になっています。

合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

f:id:bg4kids:20170816073317j:plain

上記でいけば、

  • 草原(黄緑) 2×2=4
  • 森(緑)0×7=0
  • 水辺(青)1×6=6
  • 砂漠(黄色)2×7=14
  • 洞窟(灰色)5×2=10

で34点となります。

タイル争奪のジレンマと箱庭の楽しさ

タイルの番号が大きいほど王冠の個数が多くなり、価値ある地形となります。でも、番号が大きいタイルを狙うほど、次のラウンドでの順番は後の方。

一番大きい数字のタイルを獲得した場合には、次のラウンドでは、みんなが選択した後の残り物のタイル。

「王冠が多いタイルを取りにいくか、それとも次のラウンドの優先権をとりにいくのか」が、なかなか悩ましいです。


領土タイルを獲得してからは、カルカソンヌやアイルオブスカイのように、地形を組み合わせて王国をつくっていきます。

www.boardgamepark.com
www.boardgamepark.com

城は必ずしも領土の中心にある必要はないので、どちらの方向に領土を拡大していくのかも考えどころ。5×5にうまく収まらないタイルは破棄となりますので、地形がうまく繋がるようパズルのように組み合わせていきます。

f:id:bg4kids:20170816072757g:plain

タイル争奪のジレンマと、王国が広がっていく箱庭的な楽しさが絶妙。さすがはドイツボードゲーム大賞受賞作といえる隙のないつくりです。

唯一難点をあげるとすればプレイ人数。ゲームシステム上、4人がベスト、2人がベター(2人の場合は王様コマを2つ使います)、その次が3人となり、多人数には対応していません。

ルールも簡単で理解しやすく、タイルでの王国の広がりもビジュアル的に映えるので、子供や初心者受けもよさそうです。かつゲームシステムもしっかりしているので、ボードゲームに慣れた人でも楽しめる懐の広さ。

コンパクトで持ち運びしやすいのでボードゲーム布教用としても重宝しそう。サクっと遊べて「もう1回やろう」と繰り返し遊びたくなるおすすめボードゲームです。

項目 公式表記 コメント
年齢 8歳以上 5歳くらいからできるかも
時間 20分 人数次第
人数 2人-4人 4人がベスト
日本語化 不要 説明書のみ
項目 評価 コメント
ルールの易しさ ★★★★☆ 誰でも簡単
大人も楽しい ★★★★★ 大人も子供も
2人でも楽しい ★★★★☆ 2人でも楽しい
総合評価 ★★★★★ サクっと誰でも遊べる名作

キングドミノ 日本語版

キングドミノ 日本語版