親子ボードゲームで楽しく学ぶ。

世界のボードゲーム・カードゲームを楽しもう!初心者や子供におすすめなライトなアナログゲームを紹介します。

「放課後さいころ倶楽部」の第1話に登場したボードゲーム「マラケシュ(marrakech)」

人付き合いが苦手な女子高生が、ボードゲームを通じて同級生との友情を深めていくアニメ「放課後さいころ倶楽部」の放映がはじまりました。 saikoro-club.comボードゲームというニッチなジャンルを題材とした作品が、深夜枠とはいえ地上波で登場するとは、ボ…

子どもには『嘘をついたらダメ』よりも『このときは嘘をついてもいいよ』の特権が効き目あり?「ごきぶりポーカー(Kakerlakenpoker)」

アニメ「放課後さいころ倶楽部」の第2話に登場した「ごきぶりポーカー/Kakerlakenpoker」。シンプルなルールながら奥の深い心理戦が展開されるブラフゲームです。先日お祭に子供を連れていった際に、「本物の車にクレヨンで落書きできる」コーナーがありま…

失敗が多いADHDな人への客観視のすすめ。

クールビズ終了時のお約束 私の働いている会社では、10月1日からクールビズ期間が終わり、ネクタイ着用が必要となりました。 クールビズだったのは6月から9月までの4ヶ月。かなり長くノーネクタイだったので、こんな苦痛なものがあったのかという感覚。 久し…

袋からどんな動物が出てくるかな?「チーキーモンキー(Cheeky Monkey)」

「ガキ使」をはじめテレビで登場する機会も増え、ボードゲームの認知度があがってきたようですね。最近ではなんとananにボードゲームの特集記事が掲載されているようで驚きました。ananのボドゲ特集。明るいイメージになるし、素敵な誌面で良き良き〜!! pi…

「ウボンゴ!」と叫ぶと気持ちいい!アフリカンテイスト漂う脳トレ系の早解きパズルゲーム「ウボンゴ(Ubongo)」

ウボンゴとはスワヒリ語で「脳」という意味だそうです。わが家では結構人気の、脳トレになるパズルゲーム「ウボンゴ(Ubongo)」。テレビ番組「ガキ使」でも取り上げられた盛り上がるボードゲームです。 パズルを完成させて叫べ「ウボンゴ」 ざっくりイメージ…

ベネチアの運河を完成させよう!2人用タイル配置ゲーム「ベニスコネクション(Venice Connection)」

1996年のドイツ年間ゲーム大賞において、特別賞のBeautiful Game賞を受賞したタイル配置ボードゲーム「ベニスコネクション(Venice Connection)」です。古い作品ですが、国内で今年リメイク版が発売され、手に入りやすくなりました。 水の都、ベネチアの運河…

停電復旧の作業員に言葉がかけられますか?停電復旧作業のお手伝いをした思い出。

台風による千葉の停電、長引いていますね。まだまだ気温が高い中、電気のない生活が長くなるのは非常に大変ではないかと思います。体調には充分お気をつけください。今回の台風の直後に、作業に関わった人の話を人づてで聞くことがありました。「かなり設備…

ロボットを強化し勝ち残れ!ダイスバトルボードゲーム「ポンコツロボット大乱闘(MOON-BOTS)」。

ダイスを転がしロボットを強化してライバルを倒す。バトル系ボードゲーム「ポンコツロボット大乱闘(MOON-BOTS)」です。 ロボットを強化してライバルをうち倒せ! テーマと目的 年に一度開催される「MOON-BOTSトーナメント」。銀河中からロボット開発に従事す…

2人専用ボードゲーム「ジュラシックスナック(Jurassic Snack)」。弱肉強食の中で繁栄する恐竜はどっち?

「ジュラシックスナック(Jurassic Snack」。恐竜がテーマの2人専用のボードゲームです。ゲストハウスでのボードゲームを通じた国際交流の風景がとても楽しそうで「私も若い頃こんな活動ができてたらな」と、いつもうらやましく思っている「旅するボードゲー…

陸マイラーにおすすめのSPGアメックスカードをポイント宿泊目的で発行したら予想以上に使えるカードだった。

今年のはじめにクレジットカードのSPGアメックスカードを発行しました。SPGアメックスといえば陸マイラー御用達ということと33,480円という高額の年会費で有名です。マイラー活動をしていない私には縁がないうえに、聞いただけで拒否感の高額年会費。しかし…

「おばけキャッチ(Geistesblitz)」瞬時の判断が大事な白熱必至の早取りボードゲーム。

カードで示されたコマを素早くつかむ、カルタのような早取りゲーム「おばけキャッチ(Geistesblitz)」です。以前もこのブログでとりあげましたが、最近また遊ぶようになり、この夏わが家で遊んだボードゲームのなかで、この「おばけキャッチ」の稼働率はダン…

みんなで協力して王国を救え!リアルタイム協力アクションゲーム「スライドクエスト(Slide Quest)」

悪党を倒して王国を救う、RPGのようなテーマの協力型アクションゲーム「スライドクエスト(Slide Quest)」です。 みんなで協力して転がる騎士を動かしミッションを達成しよう テーマと目的 美しい王国を悪党が乗っ取った!みんな協力して「転がる騎士」の冒険…

幼児から遊べるファミリー向け定番バランスゲーム「スティッキー(Zitternix/Keep it steady)」

子供向けのボードゲームの黄色い箱で有名な、ドイツHABA社のバランスゲーム「スティッキー(Zitternix/Keep it steady)」です。 和名は棒(スティック)を使うゲームということでスティッキーと名付けたのでしょうか?英語版では「Keep it steady」というタイ…

L・A・M・Aラマ♪ 引き際も大事なゴーアウト系カードゲーム「ラマ(L.A.M.A)」

惜しくも大賞は逃しましたが、2019年ドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされた「ラマ(L.A.M.A)」。2019年ノミネートの3作品のなかでは一番手に入りやすい小箱カードゲームです。 すべてのマイナスポイントを取り除け! ゲームの目的 パッケージのラマにちなん…

表現の修正を迫られた数奇なボードゲーム。2人専用ボードゲーム「オキヤ(OKIYA/NIYA)」

あいちトリエンナーレが炎上中ですね。文学や音楽もそうですが、芸術には反体制の考え方は当たり前。規制ありきの議論はいかがなものかと思います。しかしながら、今回の件は芸術表現よりも思想的な要素がいささか強いよう。なんだか芸術表現を利用した左派…

花札の赤い短冊の文字は「あのよろし」「みなしの」ではなく「あかよろし」「みよしの」です。

家にボードゲームがなかった私の子供の頃、家族で遊ぶアナログゲームといえば、将棋やトランプ、花札でした。将棋やトランプは今も普通に遊ばれていますが、花札はあまりみなくなりましたね。わが家も花札は家にありません。今時の子供は遊んだことある子は…

色とりどりのタイルで宮殿を飾れ!美しくも悩ましい傑作ボードゲーム「アズール(AZUL)」【2018年ドイツ年間ゲーム大賞】

先日2019年のドイツ年間ゲーム大賞が発表され、ワードゲームの「JUST ONE」 が大賞を受賞しました。 流行に鈍感な私は残念ながらまだ遊んでいません。というわけで、周回遅れの2018年ドイツ年間ゲーム大賞の「アズール(AZUL)」です。タイトルのAZULはポルト…

どの絵が変わったかな?幼児向け間違い探しカードゲーム「よくみてごらん!?(Schau_mal!)」

幼児向け知育本での定番に、2つの絵を見比べて違うものを探す間違い探しがあります。この間違い探しをカードゲームにしたような「よくみてごらん!?(Schau_mal!)」です。 絵が変わったカードはどれ?よく見て探そう! ゲームの概要 テーブルに出ているカード…

2019年青少年読書感想文コンクールの小学生の課題図書を読んでみたので本選びのポイントを紹介したい。

夏休み読書感想文宿題の課題図書からの選び方 ボードゲームの紹介が中心のこのブログですが、夏休み時期になると「読書感想文」に関するアクセスが増えてきます。わが家もそうですが、子供にいかに早く宿題を片付けるよう導くかが悩ましいですね。 www.board…

年金2,000万円不足問題の対処には「生涯現役」で働き生涯年収を増やすことを意識したい。

先日、いつもとは別の初めての理容室で髪を切りました。いわゆる家族経営の理髪店。息子が店を切り盛りしていて、両親がサポートする感じです。メインでカットを担当する息子の店長のサポートとして、部分カットやシャンプー・髭剃りなどをしてくれたのは、…

鉄板の絵探しカルタゲームのキッズ版。「ドブルキッズ(Dobble Kids/Spot it! Jr. Animals)」

ボードゲーム初心者にもおすすめできる、お気軽絵探しカードゲーム「ドブル(Dobble/Spot it!)」。8つのイラストが描かれたカードを使い、2つのカードに1つだけある共通イラストを探すカルタ風ゲームです。 www.boardgamepark.comドブルは対象年齢は6歳以上…

絶対にあるはずなのに見つからない!大ヒット絵探しカルタ「ドブル(Dobble/Spot it!)」。

円形のカードにイラストが8つ。2枚手にとると共通する絵柄が必ず1つだけ入っているという、フランス生まれの不思議なゲーム「ドブル」。米国バージョンの呼び名は「スポットイット!(Spot it!)」。2009年の発売以来、1千万セット以上売れているベストセ…

交易品の分配に競り勝て!シンプルな競りカードゲーム「翡翠の商人(Merchants of Jade)」

値段が下がるダッチオークションとは オークションといえば、普通は価格がどんどん上がっていくのをイメージしますが、値段が下がっていくオークションがあるのを知っていますか?競り下がるオークションはダッチオークションと呼ばれます。対する普通の競り…

ドラゴンの炎で氷を溶かし宝石を集めよう「きらめく財宝(Funkelschatz)/ドラゴンズブレス(Dragon’s breath)」【2018年ドイツキッズゲーム大賞】

去る6月24日、2019ドイツ年間ゲーム大賞のキッズ部門が公表されました。 キッズゲーム大賞(いわゆる青ポーン)の栄誉に輝いたのは、「ドラゴンの谷「(Tal der Wikinger)」。バイキングをテーマにした、ボウリングのように玉を転がすアクションゲームです。…

負けるのが嫌いな子は協力ゲームで助け合いの気持ちを育もう「ザ・ゲーム(The Game)」

ゲームに負けるのが嫌で、自分が不利になってくると「つまんない」「もうやらないもん」と途中で投げ出したり泣き出したりする子は多いですね。うちの子は4、5歳くらいがこのピークでした。これも精神的な成長のプロセスのようですが、「ゲームなんだから…

別世界のおもちゃ、ディールトイ(Deal toy)とは。

ディールトイ(Deal toy)とは 先日ちょっと珍しいものをもらいました。ディールトイです。ディールトイとは、企業買収や合併・大型のファイナンスが終了した際に記念品としてその会社をモチーフにして作るトロフィーのようなグッズのことです。「A社とB社の…

砦をめぐる熱い攻防。説明書なしで遊べるカードゲーム「緑の召喚術師(Fast Forward:Fortress)」

カードゲーム「緑の召喚術師(Fast Forward:Fortress)」。ユニークな作品が多いことで有名なボードゲームデザイナー、フリードマン・フリーゼ氏が提唱したファストフォワードシリーズの第2段です。 www.boardgamepark.com www.boardgamepark.comルールを知ら…

「ベルズ(BELLZ!)」磁石でカラフルな鈴を取っていくシンプルなアクションゲーム。

カナダ発の磁石を使ったアクションゲーム、「ベルズ(BELLZ!)」です。カラフルでテレビ映えするゲームということなのかテレビ番組「タウンダウンのガキの使いやあらへんで!」の企画「世界のテーブルゲームで遊び尽くせ!!第4弾」に「ザ・マインド」などと共に…

500万個以上売れ続けているドイツの子供向けゲーム「にんじん山のうさぎレース(Lotti_Carotti)」

本日は子供向けアナログゲーム「にんじん山のうさぎレース(Lotti_Carotti/Funny Bunny)」です。私はドイツAmazonでボードゲームをときどき購入しますが、そのトップセラーにいつも入っています。毎年新作が何百個もリリースされるドイツゲームの中で、発売さ…

2019年日本おもちゃ大賞とアニメキャラおもちゃの功罪。

2019年日本おもちゃ大賞が6月11日に発表されました。今年評価されたおもちゃが7部門で出揃いました。 toys.or.jp 受賞作品は以下のとおり。娘をもつ親の立場としてはやはりガールズトイ部門。様々なパーツを組み合わせてオリジナルの時計を作れるMixWatchは…