親子ボードゲームで楽しく学ぶ。

世界のボードゲーム・カードゲームを楽しもう!初心者や子供におすすめなライトなアナログゲームを紹介します。

「スカウト!(SCOUT!)」国内ゲームで2度目のドイツ年間ゲーム大賞ノミネートした大富豪系カードゲーム

ボードゲーム界隈では最も権威がある賞といわれているドイツ年間ゲーム大賞。その年に販売されたボードゲームのなかから最も評価が高い作品が選ばれます。先日、大賞選定に先立って、今年のノミネート作が3つ発表されましたが、このなかに日本の作品が7年ぶ…

「ワンナイト人狼(One night werewolf)」人狼ゲームをお手軽に少人数で楽しもう。

先日、子供の小学校に授業参観に行ったら、廊下に各生徒のプロフィールがひとりずつ貼ってありました。子供たちの「好きな遊び」の記載で一番多かったのが、なんと「人狼ゲーム」。テレビゲームよりもアナログゲームが登場することに驚いたとともに、中高生…

「ナインタイルパニック(Nine Tiles Panic)。ワチャワチャ感が楽しいリアルタイムパズルゲーム。

本日のボードゲームは、9枚のタイルを並べ替えて遊ぶ「ナインタイルパニック(Nine Tiles Panic)」です。以前にも紹介した「ナインタイル」の後継作。リアルタイムでのタイル並べを競う基本ルールを踏襲しつつ、「パニック」の名のとおりワチャワチャ感がアッ…

「ラッキーナンバー(Lucky Numbers)」運と戦略のバランスが絶妙なタイル配置ボードゲーム。

1月の後半となってようやく2022年最初の記事。実は年明け早々体調を崩して寝込んでしまい、ブログどころではない状態でした。というわけで、個人的には出だしでつまづきましたが、これからの2022年はいい年になりますようにということで、今年最初のボードゲ…

「カップケーキ・アカデミー(Cupcake Academy)」ハノイの塔のようなパズル系の協力型ボードゲーム。

] 19世紀のフランスの数学者が考案した「ハノイの塔」という古典的パズルをご存じでしょうか。プログラミングをする方は、再帰呼び出しアルゴリズムの代表例として知っているかもしれません。世界の中心を示す寺院。そこには神が64枚の純金製の円盤を大き…

Eテレ 2355のBGMに登場するジャズの名曲たち。

2021年も残すところあとわずかですね。年越しのときのわが家の定番のテレビ番組は「行く年くる年」ではなく「2355・0655 年越しをご一緒にスペシャル」です。Eテレの2355は、通常は深夜2355から2400までのピッタリ5分間の番組。深夜にぴったりのジャズの曲が…

「ぼくらロボたん(Wir sind die Robote)」時間の感覚をシンクロさせる協力型カードゲーム。

本日のボードゲームは「ぼくらロボたん(Wir sind die Robote)」2020年のドイツ年間ボードゲーム大賞キッズ部門のノミネート作にもなった、協力型カードゲームです。 ロボたんはどこへいった?みんなで見つけよう! ゲームの概要 「ぼくらロボたん」は、ロボ…

「チャオチャオ(Ciao Ciao)」バレたら奈落のウソつきすごろくボードゲーム

ブラフ要素の入ったすごろく「チャオチャオ」。2021年もあと少しとなりましたが、今年メディアで取り上げられてバズったボードゲームです。本作はテレビ番組「VS魂」で放送されて火がつきました。やはりジャニーズ効果はすごいですね。それから半年ほど入手…

食物連鎖で食うか食われるか。カードゲーム「たべちゃうぞ(All You Can Eat)」

食物連鎖がテーマのカードゲーム「たべちゃうぞ(All You Can Eat)」です。 獲物を捕食して食物連鎖で勝ち残れ! テーマと目的 鳥はミミズを狙い、猫は鳥を狙っています。猫を狙う犬を狙う食物連鎖の頂点はノミ!ミミズ→鳥→猫→犬→ノミの強弱を考えてカードを…

「くだものあつめ(Fruits Picking)」マンカラをベースにした果物農園ボードゲーム

古典ボードゲーム「マンカラ」をベースにした農園づくりがテーマのボードゲーム「くだものあつめ(Fruits Picking)」です。もともと同人ゲームとして国内で販売されていた作品が海外で発売。それが逆輸入されて一般発売されたバージョンとなります。 くだもの…

「おばけキャッチ ぼうしの中 (Geistesblitz Spooky Doo) 」定番立体かるたゲームの続編

本日のボードゲームは「おばけキャッチ ぼうしの中 (Geistesblitz Spooky Doo) 」。早いもの勝ちでコマをとるカルタ系の「おばけキャッチシリーズ」の第4弾となる作品です。 指示されたコマをとれ!ぼうしの中も忘れずに 内容物 もともと記念版だったという…

「ゴブレットゴブラーズ(Gobblet Gobblers)」○×ゲームの進化版。

本日のボードゲームは、○×ゲームを発展させたような2人用の3目並べゲーム「ゴブレットゴブラーズ(Gobblet Gobblers)」です。もともと名作「クアルト」にも似たGobbletという4目並べゲームを3目並べにした簡易版。ただ国内では本家よりもこちらの方が知名度…