親子ボードゲームで楽しく学ぶ。

世界のボードゲーム・カードゲームを楽しもう!初心者や子供におすすめなライトなアナログゲームを紹介します。

思考力

「リス・ゴー・ナッツ!(Squirrels Go Nuts!)」リスの冬じたくがテーマの子供向けパズル。

ボードゲームに加えてパズルが大好きなうちの下の子。遊ぶのはもっぱら「ラッシュアワー」と「ゴーストハンター」です。 www.boardgamepark.com www.boardgamepark.com幼児でも興味をもって遊べるパズルはなかなかセレクトが難しく、特にうちの子は興味がな…

みんなで山の完成を目指そう。協力カードゲーム「どんぐりやま」

協力型のカードゲーム「どんぐりやま」です。有名なカードゲーム「ペンギンパーティ」のようにカードをピラミット型に並べていくゲーム。 www.boardgamepark.comサイ企画さんが製作した同人ゲーム作品が、一般向けに発売されたものとなります。 みんなで協力…

2人用対戦型パズル「ルービックレース(Rubik’s race)」

対戦型パズルゲーム「ルービックレース(Rubik’s race)」です。「ルービック」という単語を聞いて、すぐに「ルービックキューブ」が思い浮かぶ人は、まず昭和生まれでしょう。ルービックキューブ Ver.2.1発売日: 2018/06/22メディア: おもちゃ&ホビーハンガ…

カードゲーム「シリメツレツ/支離滅裂(Krass Kariert)」戦略要素が高まった大人の大富豪。

うちの子が通う小学校では、雨の日の教室遊びとして「ごきぶりポーカー」「ナンジャモンジャ」などのカードゲームが置いてあるそうです。www.boardgamepark.com www.boardgamepark.com私が子供の頃はトランプくらいしかなかったですが、時代も変わってきてい…

サイコロを振ってゴールを目指せ!すごろく風の子供向けレースゲーム「モンツァ・カーレース(MONZA)」

2019年も残りあとわずか。わが家の年末年始は家でゆっくりボードゲーム三昧の予定ですが、すごろく感覚で楽しめるドイツHABA社の子供向けレースゲーム「モンツァ・カーレース(MONZA)」です。 ゴールに一番に到着できるのは誰の車? テーマと目的 ビッグレー…

ドラゴンやユニコーンでエルフの国をめぐるボードゲーム「エルフェンランド(Elfenland)」【1988年ドイツ年間ゲーム大賞】

1988年ドイツ年間ゲーム大賞を受賞した名作「エルフェンランド(Elfenland)」。都市を旅するエルフが主人公のファンタジー世界(最近でいえば異世界かな?)を舞台にしたボードゲームです。アニメ「放課後さいころ倶楽部」では、第9話に登場しています。 エル…

「ブロックス(Blokus)」テトリス風タイルで対決するパズルライクな陣取りボードゲーム

過去に「ガキ使」でも紹介されていた、フランス発祥のパズルライクな陣取りボードゲームブロックス(Blokus)です。アニメ「放課後さいころ倶楽部」では、第10話に登場しています。 自分の色をたくさん置いて陣地をキープしろ 内容物 ・ゲームボード ・テトリ…

はるけき石の道を進め「ケルト(Keltis)」。「放課後さいころ倶楽部」に登場のシンプルで悩ましいボードゲーム【2008年ドイツ年間ゲーム大賞】

ボードゲーム「ケルト(Keltis)」。長らく「無冠の帝王」と呼ばれていた大御所ボードゲームデザイナーのライナー・クニツィア氏が、2008年に初めてのドイツ年間ゲーム大賞の栄冠を獲得した作品です。アニメ「放課後さいころ倶楽部」では、第8話に「ドブル」と…

女の子向けカードゲーム「プリンセス・ミーナのジュニアラミー (Princess Mina - Junior Rummy)」

最近わが家で一番ボードゲームを遊んでいるのは、一番時間がある下の娘。「カタン」など硬派なものがすきな上の子と違って、可愛いもの好きな彼女の最近のブームは「プリンセス・ミーナのジュニアラミー(Princess Mina - Junior Rummy)」。女の子をイメージ…

「ロストシティ: ライバルズ(LOST CITIES:RIVALS)」名作ロストシティに競り要素が加わった手札がないカードゲーム。

有名なボードゲームには、改良を加えた派生作が登場します。1999年リリースの2人用ボードゲームの名作「ロストシティ」はテーマを変えて「ケルト」となり2007年ドイツ年間ゲーム大賞となりました。ロストシティの最近の派生作、テーマを変えず競りの要素が加…

「コロレット(Coloretto)」めくるか取るかの2択が悩ましい名作カードゲーム

カラフルなカメレオンカードを集めていく名作カードゲーム「コロレット(coloretto)」です。デザイナーはミハエル・シャハト氏。コロレットのシステムの秀逸さは、ボードゲームとして発展させた「ズーロレット(Zooloretto)」に引き継がれ、2007年のドイツゲー…

6枚目はダメ!定番カードゲーム「ニムト!(6 Nimmt!)【放課後さいころ倶楽部 第4話】

「手軽で楽しいカードゲームは?」と聞かれたら、これを推しておけばまず間違いなし。ドイツカードゲームでは定番ものの「ニムト(6 Nimmt!)」です。アニメ「放課後さいころ倶楽部」第4話に登場のゲームです。 6枚目に牛を引き取るのは誰? ゲームの概要と目…

「マラケシュ(marrakech)」マラケシュ一番の絨毯商人をめざす「放課後さいころ倶楽部」第1話に登場のボードゲーム

人付き合いが苦手な女子高生が、ボードゲームを通じて同級生との友情を深めていくアニメ「放課後さいころ倶楽部」の放映がはじまりました。 saikoro-club.comボードゲームというニッチなジャンルを題材とした作品が、深夜枠とはいえ地上波で登場するとは、ボ…

子どもには『嘘をついたらダメ』よりも『このときは嘘をついてもいいよ』の特権が効き目あり?「ごきぶりポーカー(Kakerlakenpoker)」

アニメ「放課後さいころ倶楽部」の第2話に登場した「ごきぶりポーカー/Kakerlakenpoker」。シンプルなルールながら奥の深い心理戦が展開されるブラフゲームです。先日お祭に子供を連れていった際に、「本物の車にクレヨンで落書きできる」コーナーがありま…

袋からどんな動物が出てくるかな?「チーキーモンキー(Cheeky Monkey)」

「ガキ使」をはじめテレビで登場する機会も増え、ボードゲームの認知度があがってきたようですね。最近ではなんとananにボードゲームの特集記事が掲載されているようで驚きました。ananのボドゲ特集。明るいイメージになるし、素敵な誌面で良き良き〜!! pi…

「ウボンゴ!」と叫ぶと気持ちいい!アフリカンテイスト漂う脳トレ系の早解きパズルゲーム「ウボンゴ(Ubongo)」

ウボンゴとはスワヒリ語で「脳」という意味だそうです。わが家では結構人気の、脳トレになるパズルゲーム「ウボンゴ(Ubongo)」。テレビ番組「ガキ使」でも取り上げられた盛り上がるボードゲームです。 パズルを完成させて叫べ「ウボンゴ」 ざっくりイメージ…

ベネチアの運河を完成させよう!2人用タイル配置ゲーム「ベニスコネクション(Venice Connection)」

1996年のドイツ年間ゲーム大賞において、特別賞のBeautiful Game賞を受賞したタイル配置ボードゲーム「ベニスコネクション(Venice Connection)」です。古い作品ですが、国内で今年リメイク版が発売され、手に入りやすくなりました。 水の都、ベネチアの運河…

ロボットを強化し勝ち残れ!ダイスバトルボードゲーム「ポンコツロボット大乱闘(MOON-BOTS)」。

ダイスを転がしロボットを強化してライバルを倒す。バトル系ボードゲーム「ポンコツロボット大乱闘(MOON-BOTS)」です。 ロボットを強化してライバルをうち倒せ! テーマと目的 年に一度開催される「MOON-BOTSトーナメント」。銀河中からロボット開発に従事す…

2人専用ボードゲーム「ジュラシックスナック(Jurassic Snack)」。弱肉強食の中で繁栄する恐竜はどっち?

「ジュラシックスナック(Jurassic Snack」。恐竜がテーマの2人専用のボードゲームです。ゲストハウスでのボードゲームを通じた国際交流の風景がとても楽しそうで「私も若い頃こんな活動ができてたらな」と、いつもうらやましく思っている「旅するボードゲー…

L・A・M・Aラマ♪ 引き際も大事なゴーアウト系カードゲーム「ラマ(L.A.M.A)」

惜しくも大賞は逃しましたが、2019年ドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされた「ラマ(L.A.M.A)」。2019年ノミネートの3作品のなかでは一番手に入りやすい小箱カードゲームです。 すべてのマイナスポイントを取り除け! ゲームの目的 パッケージのラマにちなん…

表現の修正を迫られた数奇なボードゲーム。2人専用ボードゲーム「オキヤ(OKIYA/NIYA)」

あいちトリエンナーレが炎上中ですね。文学や音楽もそうですが、芸術には反体制の考え方は当たり前。規制ありきの議論はいかがなものかと思います。しかしながら、今回の件は芸術表現よりも思想的な要素がいささか強いよう。なんだか芸術表現を利用した左派…

色とりどりのタイルで宮殿を飾れ!美しくも悩ましい傑作ボードゲーム「アズール(AZUL)」【2018年ドイツ年間ゲーム大賞】

先日2019年のドイツ年間ゲーム大賞が発表され、ワードゲームの「JUST ONE」 が大賞を受賞しました。 流行に鈍感な私は残念ながらまだ遊んでいません。というわけで、周回遅れの2018年ドイツ年間ゲーム大賞の「アズール(AZUL)」です。タイトルのAZULはポルト…

交易品の分配に競り勝て!シンプルな競りカードゲーム「翡翠の商人(Merchants of Jade)」

値段が下がるダッチオークションとは オークションといえば、普通は価格がどんどん上がっていくのをイメージしますが、値段が下がっていくオークションがあるのを知っていますか?競り下がるオークションはダッチオークションと呼ばれます。対する普通の競り…

負けるのが嫌いな子は協力ゲームで助け合いの気持ちを育もう「ザ・ゲーム(The Game)」

ゲームに負けるのが嫌で、自分が不利になってくると「つまんない」「もうやらないもん」と途中で投げ出したり泣き出したりする子は多いですね。うちの子は4、5歳くらいがこのピークでした。これも精神的な成長のプロセスのようですが、「ゲームなんだから…

砦をめぐる熱い攻防。説明書なしで遊べるカードゲーム「緑の召喚術師(Fast Forward:Fortress)」

カードゲーム「緑の召喚術師(Fast Forward:Fortress)」。ユニークな作品が多いことで有名なボードゲームデザイナー、フリードマン・フリーゼ氏が提唱したファストフォワードシリーズの第2段です。 www.boardgamepark.com www.boardgamepark.comルールを知ら…

賢い選択で高得点を目指せ!無料でも遊べる紙ペンゲーム「ガンツ・シェーン・クレバー/ガンシュンクレバー(Ganz schön Clever)」

2018年のドイツ年間エキスパートゲーム大賞にノミネートされた紙ペンゲームの傑作「ガンツ・シェーン・クレバー/ガンシュンクレバー(Ganz schön Clever)」です。"Ganz schön"はドイツ語で「とても美しい」という意味ですがここでは強調表現。"Clever"は英語…

カードをためて、はっきよいのこった!カードゲーム「はっきよいゲーム(はっけよいゲーム)」

折しも訪日したトランプ米大統領の両国国技館での相撲観戦が話題となっていますが、大相撲をテーマにしたカードゲーム「はっきよいゲーム」です。この週末はアナログゲームの祭典であるゲームマーケットが盛り上がりをみせていたようですが、この「はっきよ…

魅力的な樹木園を作ろう。ルールは簡単だけど悩ましさ抜群の骨太カードゲーム「アーボレータム(ARBORETUM)」。

「樹木園」という言葉を聞いたことはありますでしょうか?学術目的などで、様々な種類の樹木を植えている場所のことです。植物園、果樹園は聞いても樹木園は耳慣れません。私は樹木園という言葉自体をこのゲームで知りました。というわけで、この樹木園がテ…

自分が持っているのは何番のタイル?シンプルな推理ボードゲーム「ドメモ(DOMEMO)」

ちょっとした時間でサクッと遊べる推理ゲーム「ドメモ(DOMEMO)」です。 自分が持っているタイルはなんだろう?推理して当てていこう。 ドメモの目的 自分前に立てたタイル。相手からは見ることができますが、自分自身は見ることができません。ドメモは、他の…

シャーロックホームズvs切り裂きジャック。逃走犯と探偵の鬼ごっこボードゲーム「ミスタージャック・ポケット(Mr. Jack Pocket)」。

シャーロックホームズと切り裂きジャックの対決がテーマの、2人専用ゲームミスタージャック・ポケット(Mr. Jack Pocket)です。タイトルにポケットとついているのは「ミスタージャック」というボードゲームのコンパクトバージョンの位置づけのため。 シャー…