親子ボードゲームで楽しく学ぶ。

世界のボードゲーム・カードゲームを楽しもう!初心者や子供におすすめなライトなアナログゲームを紹介します。

反射神経

鉄板の絵探しカルタゲームのキッズ版。「ドブルキッズ(Dobble Kids/Spot it! Jr. Animals)」

ボードゲーム初心者にもおすすめできる、お気軽絵探しカードゲーム「ドブル(Dobble/Spot it!)」。8つのイラストが描かれたカードを使い、2つのカードに1つだけある共通イラストを探すカルタ風ゲームです。 www.boardgamepark.comドブルは対象年齢は6歳以上…

絶対にあるはずなのに見つからない!大ヒット絵探しカルタ「ドブル(Dobble/Spot it!)」。

円形のカードにイラストが8つ。2枚手にとると共通する絵柄が必ず1つだけ入っているという、フランス生まれの不思議なゲーム「ドブル」。米国バージョンの呼び名は「スポットイット!(Spot it!)」。2009年の発売以来、1千万セット以上売れているベストセ…

ターゲットワードを素早く狙撃せよ!しりとり風のお手軽ワードゲーム「ワードスナイパー(Word Sniper)」

今回のボードゲームは、しりとり感覚の言葉遊びカードゲーム「ワードスナイパー(Word Sniper)」です。 ターゲットワードを見つけて素早く言おう!「ワードスナイパー」 ワードスナイパーの目的 ワードスナイパーは、お題にマッチする言葉を素早く思いつき、…

遊んで算数トレーニング!スピーディなカードゲーム「スピード計算/アルティメットカウントゲーム(Unter Spannung/7 ate 9)」sa

算数トレーニングにもなる、スピーディな展開の暗算カードゲーム「スピード計算/アルティメットカウントゲーム(Unter Spannung/7 ate 9)」です。ドイツ版タイトルUnter Spannungは、興奮中というような意味でしょうか。英語版タイトルの7ate9 は、数字のゲ…

うんちの責任をなすりつけろ!スピードと記憶力が肝心なカードゲーム「うんちしたのだあれ?(Who did it?)」

本日のボードゲームは、スピードと記憶力が試されるライトなカードゲーム「うんちしたのだあれ?(Who did it?)」です。 うんちをしたペットはだれだ?なすりつけろ! ゲームのテーマと目的 部屋の真ん中に大きなうんちが!一体だれがしたんでしょう?黙って…

パーティゲームの新定番。連鎖で白熱する絵合わせカルタ系カードゲーム「ツインイット!(Twin it!)」

世間ではぼちぼちお盆休みの時期となりましたが、帰省のお供にぴったりのシンプルな絵合せカードゲーム「ツインイット!(Twin it!)」です。 素早くペアを見つけてカードを取れ! パッケージには「3つのモードでプレイ可能」とありますが、ここではスタンダ…

ネコの表情を早くそろえよう!リアルタイムカードゲーム「ウインクねこ(The CAT)」

カードゲームでは珍しい、ターン制ではなくリアルタイムゲーム「ウインクねこ(The CAT)」です。 パッケージと傾けるとネコがウインク。角度で見えかたが変わる印刷は、私が子供のころはよくあった気がしましたが、久しぶりに見た気がします。 猫の顔をそろえ…

みんなでなりきれカメレオン。風変わりカルタ「ひっつきカメレオン(Sticky Chameleons)」

誰でも楽しめるパーティゲームゲーム「ひっつきカメレオン(Sticky Chameleons)」です。 ひっつき舌を使ってすばやく虫をゲットしよう! ゲームのテーマと目的 カメレオンの大家族では、食事の時間はまさに戦争。みんな舌をのばしてごちそうを奪い合います。…

【閲覧注意】縦横無尽に馳けまわるアイツを捕まえろ!アクションゲーム「ごきぶりキッチン(Kakerlakak)」

「北海道の実家にはいなくて珍しかったんだよね〜。なんかカブトムシみたいな感じしない?実際に飼ってみると、あっという間に増えちゃって大変なことになったよ。ははは。」誰もが嫌いなゴキブリを、珍しいという理由で飼育していた強者が、学生時代の同級…

最も素早い者がジャングルを制す。流血注意の白熱パーティーゲーム「ジャングルスピード (Jungle Speed)」

仏Asmodee社が2011年に発売し、フランスでの販売数は100万個以上といわれるカードゲーム「ジャングルスピード(Jungle Speed)」です。 トーテム争奪バトルに勝ってジャングルの王者を目指せ ジャングルスピードの内容物 箱の中には、正方形のカードが80枚と…

リングをはめてベル鳴らせ!話題のスピードカップスに似たパーティゲーム「リングディング(RINGLDING)」

NEWS ZEROでボードゲームの特集が 先日の日本テレビのNEWS ZEROで、ボードゲームが特集されていました。地上波のニュースで取り上げられるとは、アナログゲームもかなり市民権を獲得してきたようですね。番組ではカタンの開拓者など、このブログで紹介したも…

割り込めテンガローン!気が抜けないスピーディーなカードゲーム「テンガロン(Mount ten)」

スピーディーな展開の国産カードゲーム「テンガロン(Mount ten)」です。同人ゲームがもとになっていて、ちょっとマイナーどころでしょうか。 どのくらいマイナーかというと・・・。いつも、ボードゲームのレビューを書くときは、私は当該ボードゲームをGoogl…

飛行機の動きをコントロールしてコインを落とし合おう。白熱アクションゲーム「くるりんパニック/クレイジープレーン(Looping Louie)」【1994年ドイツキッズゲーム大賞】

私がボードゲームを購入するときは、子どもと試遊できるお店が近くにないので、ネットで調べながらネット通販を利用しています。探すときによく使うのが、何万点ものボードゲームの情報が集まった、世界最大のボードゲームポータルサイトBoardGameGeeksです…

いなくなったのは誰?かくれんぼしているオバケを探す、子ども向け知育カードゲーム「オバケのお城(GRUSELINO/Haunted Castle)」。

子ども向けカードゲーム「オバケのお城(GRUSELINO/Haunted Castle)」です。 以前に紹介した、「チョコレートの魔女」と同じくドイツravensburger社のお手頃価格の小箱ゲームです。 www.boardgamepark.comドイツアマゾンで購入しましたが、本体価格が4ユーロ…

難易度パワーアップで大混乱のパーティゲーム「おばけキャッチ名人技(Geistesblitz 5 vor 12)」

昨年の話。ネットサーフィンをしていたら、背後から「これこれ!絶対にこれ!」とうちの子の声。そして、折り紙を取り出しおもむろにお手紙を書き出しました。 「さんたさん おばけきゃっちのあたらしいのください」 サンタさんは国内で探しましたが、まとも…

絵を見て考え駒を取るカルタ風ボードゲーム「おばけキャッチ(Geistesblitz)」白熱しすぎてケンカに注意。

「赤あげて。白さげて。赤下げないで白あげて」という、旗あげゲーム。「耳で聞き→脳で解釈→体を動かす」というプロセスを短時間で行うことで、脳に刺激を与えるトレーニングになるため、老人ホームでレクレーションなどにもとりあげられます。「おばけキャ…

絵探しカルタ「ドブル(Dobble/Spot it!)」。

ドブル の記事は移動しました。 www.boardgamepark.com

数えられるようになったら、「ハリガリ(HALI GALLI )」で5の足し算までステップアップ。

このブログで最初に紹介するゲームは、フルーツを数えてベルを鳴らす「 ハリガリ(HALI GALLI)」です。ボードゲームというよりはパーティゲームになりますが、面白さと知育が両立する観点では絶対に外せないゲーム。 子供が主なターゲットのファミリーゲー…