親子ボードゲームで楽しく学ぶ。

世界のボードゲーム・カードゲームで遊び、家族でコミュニケーションしながら知育。おすすめの「初心者や子供でも楽しいボードゲーム」「大人でも楽しめる子供ゲーム」などライトなアナログゲームのレビューです。

まるでカイジのEカード。タイマンでの心理戦が楽しい2人用カードゲーム「R-rivals(Brave rats)」

子供の頃にジャンケンをするときに、何を出すか宣言して遊んだことはあるでしょうか?

「次はどれだす?」
「じゃぁ、僕はグー出そうかな。君は何を出す?」
「それなら、俺はパーだすよ。だってグー出してくれるんだもんね。」

グーを出すと言ったけど、絶対ウソだな。こっちがパーをだす前提でチョキ。いや、それを想定したこっちのグーに対抗してパーを出してくるか・・・。

ただ宣言するだけで、何の拘束力もないけれど、相手が何を出すかの心理戦の要素がでてきます。この心理戦ってなかなか面白いんですよね。


そんな心理戦がたっぷり楽しめる、カイジに登場するEカードのような、2人での心理戦が白熱する国産カードゲームR-rivals(Brave rats)です。

f:id:bg4kids:20171216101401j:plain

相手が出すカードを読んで対決に勝て!

ゲームのテーマと目的

王の崩御によって始まる後継者争い。2人の王子とその幕僚たち。どちらの王子が玉座を手にするのか。

プレイヤーは王子が率いる赤青2つの勢力を担当し、相手とカードで勝負をして相手に勝利することが目的です。

内容物

石鹸箱くらいの小さな箱には、0~7の数字がついたカードが、赤青2種類×8枚=合計16枚。カード効果などの解説カード2枚を含めても全部でたった18枚のカードしかありません。

あまりに入っているカードが少ないので、貧乏性な私はちょっと損した気もしてしまいます。

f:id:bg4kids:20171216101411j:plain

ゲームの流れ

赤青それぞれのカードセットを手にしたら準備完了です。
f:id:bg4kids:20171216101428j:plain

ゲームの流れはシンプル
1)手札から1枚選んで裏向きで場に出す
2)出し合ったカードを表にして比較しラウンドの勝者を決める。

これを最大カードの枚数の8ラウンド繰り返していきます。

f:id:bg4kids:20171216104319g:plain

終了したラウンどのカードは場に公開しておき、4ラウンド先取したプレイヤーがゲームの勝者です。

なお、同じカードが出た場合など、ラウンドの勝敗が引き分けだった場合は、次のラウンドに持ち越され、次の勝者が2回勝つことになります。

ラウンドの勝敗判定とカードの効果

各ラウンドの勝敗は、カードの比較して判定しますが、基本的に数字が大きいカードが強いことになります。
f:id:bg4kids:20171216101715j:plain

ただし、カードにはそれぞれ下記のような特殊効果をもっており、その特殊効果を適用したうえで勝敗の判定をします。

カード名 効果
0 道化 勝敗を次のラウンドに持ち越す
1 相手が王子だったらその時点でゲームに勝利
2 密偵 次のラウンドで相手は先に出すカードをみせて勝負する
3 暗殺者 カード数字の大小を逆転させる(ただし相手が王子の場合は無効)
4 大臣 このカードで勝利すると2回勝利した扱い
5 魔術師 相手のカードの効果を無効にする
6 将軍 次のラウンドのカードを+2する
7 王子 特殊効果なし

これらの特殊効果によって、「大臣は姫に勝てるけど、暗殺者に負ける。暗殺者は大臣に勝てるけど姫に負ける。」のようなジャンケンの3すくみを複雑化したような関係が、カード間で発生します。

カード間の強弱については、付属カードにまとめられているため、悩む必要はありません。
f:id:bg4kids:20171216101703j:plain

シンプルな読み合いが楽しく何度でも楽しめる

R-rivalsは、世界的にも知名度が高い、ラブレターの作者カナイセイジさんの作品。少ないカードでの読み合い中心のシステムは「2人用ラブレター」と言ってもいいかもしれません。

www.boardgamepark.com


なお、海外ではネズミをモチーフにBrave ratsという名前で展開されています。
https://verspielte-rezensionen.de/wp-content/uploads/2017/07/brave_rats_spielsituation-352x500.jpg

最初は手札から適当に出して対決する、運が強い勝負となりますが、終盤にかけてはお互いに残る手札が分かってきて、駆け引きがどんどん深くなってきます。

特に、一発で勝負が決まってしまう、王子とと姫のペアをいつだすか。なかなかの悩みどころです。
最強カードの王子を温存していたつもりが、相手が天敵の姫をキープして窮地に陥るなんてことも。

f:id:bg4kids:20171216101647j:plain

たった16枚のカードですが、ゲームの楽しさはカード枚数には関係なし。濃厚な心理戦が楽しめます。

読み合いが中心の心理戦ゲームは、子供には不向きな場合もあるのですが、R-rivalsは、

  • 相手が1人でプレイヤー相互の関係を考慮不要
  • カードが8枚だけなのでパターンが限定
  • 出したカードが公開されるため記憶不要

というように、通常ハードルとなる複雑な要素がないため、子供や初心者でもOK。ジャンケンが深くなった感覚で遊べます。

心理戦が中心のゲームはやはり気心が知れた相手と遊ぶと楽しいもの。持ち運びもしやすいので、旅行の車中でなど、ちょっとした時間つぶしにサクッと気軽に遊べ「もう一勝負!」となる楽しいゲームです。

項目 公式表記 コメント
年齢 10歳以上 6歳くらいから遊べます
時間 5分
人数 2人
日本語化 不要 日本版が基本
項目 評価 コメント
ルールの易しさ ★★★★★ とても簡単
大人も楽しい ★★★★☆ 大人も簡単
2人でも楽しい ★★★★★ 2人専用
総合評価 ★★★★☆ 2人での読み合いが楽しいゲーム

R-Rivals (アール ライバルズ)

R-Rivals (アール ライバルズ)