親子ボードゲームで楽しく学ぶ。

世界のボードゲーム・カードゲームで遊び、家族でコミュニケーションしながら知育。おすすめの「初心者や子供でも楽しいボードゲーム」「大人でも楽しめる子供ゲーム」などライトなアナログゲームのレビューです。

パーティゲームの新定番。連鎖で白熱する絵合わせカルタ系カードゲーム「ツインイット!(Twin it!)」

世間ではぼちぼちお盆休みの時期となりましたが、帰省のお供にぴったりのシンプルな絵合せカードゲーム「ツインイット!(Twin it!)」です。
f:id:bg4kids:20180809162011j:plain

素早くペアを見つけてカードを取れ!

パッケージには「3つのモードでプレイ可能」とありますが、ここではスタンダードな「競技モード」を紹介します。

ゲームの目的

ツインイット!は同じ絵柄のカードセットを早く集めることが目的のカードゲームです。
f:id:bg4kids:20180809163324j:plain

内容物

f:id:bg4kids:20180809162023j:plain
缶でできた箱を開けると中にはカードのみ。両面に幾何学模様のような絵柄がついた正方形のカードが135枚入っています。

準備

カードをシャッフルし、およそ均等になるようにカードを分けて配ります。それぞれのプレイヤーは山札として、自分の前にカードを重ねておきます。
f:id:bg4kids:20180809184957j:plain
「最もカラフルな服を着たプレイヤー」が、お約束のスタートプレイヤーです。

ツインイット!のルールとゲームの流れ

場に出ているカードからいち早くペアを5つ探すことが目的のゲームです。

スタートプレイヤーから時計回りに自分の山札の一番上のカードをめくり、場に出していきます。

早取り勝負のゲームですので、カードをめくる際は、相手の方を向けてめくるようにしましょう。
f:id:bg4kids:20180809193316g:plain

場に出ているカードでペアをみつけたプレイヤーは、手番に関係なく早いもの勝ちで2枚両方のカードの上に手を置きます。

最初に手を置いたプレイヤーは、そのカードを獲得できます。とったカードは山札の隣に並べておきます。

お手付きをしてしまった場合には、ペナルティです。これまで獲得したカードのうち1セットを自分の山札の下に戻します。

勝敗

5つのカードセットを最初に獲得したプレイヤーが勝利します。

次々とペアが出る終盤の盛り上がりが楽しいカードゲーム

しばらく遊ぶと目が痛くなりそうなビビットなカードデザイン。

頭になかなか入らないうえに、かなり似ているカードがあるから、お手付きを誘発され混乱します。
f:id:bg4kids:20180809162841j:plain


絵合せで早取りするカルタゲームとしては、ジャングルスピードが有名で、かなり似たメカニクスのゲーム。

www.boardgamepark.com

ただ、ツインイット!は後発組だけあって、新たな工夫がされています。

ジャングルスピードなどの絵合わせカルタゲームは、通常は新たに出されたカードと場のカードでとの比較になります。

一方でツインイット!では手元の山札のカードや、取ったカードもペアの対象です。

そのため、カードを取った際にまた新たなペアが発生する連鎖や、3枚目の同じ絵柄のカードの出現で獲得したカードを奪われることも。

下記のように、リードしていても、ペアの同時発生や、山札との連鎖でカードが奪われて逆転されることもあります。
f:id:bg4kids:20180809160628g:plain

序盤は動きが少なくまったり進みますが、場にカードが出回ってきた終盤では、ペアがどんどん出て目まぐるしくゲームが展開、カード争奪戦が白熱します。

うちの子は、先日おばあちゃんのところに持ち込んできたようですが、ボードゲームに馴染みのない初心者でもワイワイ楽しめる鉄板パーティゲームです。

項目 公式表記 コメント
年齢 6歳以上 絵柄がわかればよいので4歳くらいからでも
時間 30分
人数 2-6人
日本語化 不要 説明書のみ
項目 評価 コメント
ルールの易しさ ★★★★☆ 誰でも簡単
大人も楽しい ★★★★☆ 大人も子供も楽しめる
2人でも楽しい ★★☆☆☆ 遊べるが多人数が楽しい
総合評価 ★★★★★ 絵合わせカルタの新定番

ツイン・イット! 日本語版

ツイン・イット! 日本語版