親子ボードゲームで楽しく学ぶ。

世界のボードゲーム・カードゲームを楽しもう!初心者や子供におすすめなライトなアナログゲームを紹介します。

「宝石がいっぱい(Lot of Gems)」宝石を掘りだす記憶と運が頼りのカードゲーム。

f:id:bg4kids:20201213232826j:plain

最近のうちの子のお気にいり。同人ボードゲームですが、わが家の最近の定番になっている、カードゲーム「宝石がいっぱい(LOT OF GEMS)」です。

宝石を掘り出して一獲千金だ!

テーマと目的

広い鉱山のなかから、記憶と運を頼りに宝石の原石を探します。

鉱山には手に入れた宝石を狙う怪盗もいるから要注意。だれが一番高価な宝石をたくさん集められるでしょうか。

内容物

ドイツHABA社のような黄色を主体とした箱に、カードが入っています。

子供が遊ぶにはカードは若干薄め。子供たちのハードユースに耐えるため、うちではカードスリーブをつけました。
f:id:bg4kids:20201218125324j:plain
宝石カードはカラフルでいい感じです。

準備

f:id:bg4kids:20201213232813j:plain
宝石カードは、数字が小さいものから昇順にならべれて脇に置きます。

残りのカードを裏向きで、神経衰弱のようにランダムに場にならべたら準備完了です。

「宝石がいっぱい」のルールとゲームの流れ

場のカードをめくって、宝石カードを集め、得点を競うゲームです。
f:id:bg4kids:20201213232727j:plain
ゲームは時計周りに進行し、手番では場のカードを1枚めくって表にします。

f:id:bg4kids:20201213232445g:plain
みごと宝石がでたら当たり。宝石カードを1枚獲得します。
f:id:bg4kids:20201218125359j:plain


f:id:bg4kids:20201213232435g:plain
ハズレの場合は、手番終了です。


f:id:bg4kids:20201213232708j:plain
怪盗カードを見つけたら、他のプレイヤーの宝石を1枚奪うことができます。

鑑定士カードは、枚数×(-3)の追加得点。偶数枚集めるとプラスですが、奇数枚では減点となります。

勝敗

宝石カードが全部なくなったらゲーム終了です。

得点を合計し、最多得点のプレイヤーが勝者となります。

宝石を掘っている雰囲気あり

場にならんだカードのなかから「ここだ!」とめくり、宝石が出たら大当たり。本当に宝石を掘り出しているようなプレイ感でテーマとシステムがマッチしています。

神経衰弱のような見た目ですが、記憶の要素は「ハズレの位置」だけで、メモリーゲームが苦手な人にも遊びやすいです。

システム的には絶版のボードゲームMr. Diamondを彷彿させるような雰囲気。ハズレのなかから当たりを探していくわけですね。
https://cf.geekdo-images.com/AqrKMQN7iblyYNck3DaSWQ__imagepagezoom/img/XeARR1nIUiPiAoenEJMOq4_h2Mo=/fit-in/1200x900/filters:no_upscale():strip_icc()/pic842813.jpg
考える要素はあまりないので小さい子でも楽しめます。「怪盗カード」での奪い合いもアクセントになっていていい感じです。

「鑑定士カード」は小さい子には難しいので、わが家では取り除いたシンプルルールで遊んでいます。
f:id:bg4kids:20201213232654j:plain

同人ゲームであるため、BOOTHなどでしか手に入れにくいですが、お子さんがいる家庭ではぜひ遊んでほしいカードゲームです。

lifetimegames.booth.pm

項目 公式表記 コメント
年齢 6歳以上 4歳くらいから
時間 15分
人数 2-8人
日本語化 不要 日本語版
項目 評価 コメント
ルールの易しさ ★★★★★ 小さい子でも簡単
大人も楽しい ★★☆☆☆ 子供むけ
2人でも楽しい ★★★★☆ 2人でも楽しめる
総合評価 ★★★★☆ わが家の定番カードゲーム