親子ボードゲームで楽しく学ぶ。

世界のボードゲーム・カードゲームを楽しもう!初心者や子供におすすめなライトなアナログゲームを紹介します。

花札の赤い短冊の文字は「あのよろし」「みなしの」ではなく「あかよろし」「みよしの」です。

f:id:bg4kids:20190330145215p:plain
家にボードゲームがなかった私の子供の頃、家族で遊ぶアナログゲームといえば、将棋やトランプ、花札でした。

将棋やトランプは今も普通に遊ばれていますが、花札はあまりみなくなりましたね。わが家も花札は家にありません。今時の子供は遊んだことある子は少ないかもしれませんね。

もともとギャンブルのイメージが強く、それほどメジャーではなかったので、テレビゲームなどの他の遊びに駆逐されてしまったのかもしれません。

テレビゲームで有名な任天堂の創業は1889年ですが、初期は賭場におろす花札が主力な事業。花札なしでは今の任天堂、ひいては日本のテレビゲーム産業が存在しなかったことでしょう。

賭場で使われていた花札は、イカサマ防止のため常に新品に入れ替わります。高品質な任天堂の花札は賭場で重宝され、売上を支えていたようです。今も販売されています。

www.nintendo.co.jp

花札の赤短の謎の文字の意味は?

さて、花札で私がずっと勘違いしていたのは、赤い短冊。短冊には「あのよろし」「みなしの」の文字が書かれていますが、一体何が書いてあるんだろうとずっと思っていました。

「あのよろし」は「あかよろし」、「みなしの」は「みよしの」が正しい読み。「みよしの」の「よ」はともかく、「あかよろし」の「か」は読めないですね。

「あかよろし」こ、「の」に見えるのは変体仮名の「か」。のに点が付いたような字なんですね。「とても素晴らしい」という意味のようです。
f:id:bg4kids:20190330145933j:plain

また桜の赤短の「みよしの」は奈良のにある桜で有名な吉野山の雅名とのこと。

知らなくてもルール上は問題ありませんが、私はずっと知りませんでした。

というわけで、次回は赤短が登場する、花札のようなコンポーネントのフランス発の和風テーマ(↓和風なのにチャイナドレスの時点でかなりズレていますが……。)ボードゲーム「OKIYA/NIYA」の予定です。


ボードゲーム : OKIYA 日本語説明書付き