親子ボードゲームで楽しく学ぶ。

世界のボードゲーム・カードゲームで遊び、家族でコミュニケーションしながら知育。おすすめの「初心者や子供でも楽しいボードゲーム」「大人でも楽しめる子供ゲーム」などライトなアナログゲームのレビューです。

部屋をアレンジして理想のマイホームを作ろう!ボードゲーム「ドリームホーム(Dream Home)」

わが家は狭い建売住宅。

契約した当時は職場から遠い田舎に住んでいて、通勤時間が片道2時間近くかかっていた私が重視したのは、とにかくアクセスの良さ

電車が来るまで待って満員電車に揺られる毎日にうんざり。限りある人生の時間を通勤に使いたくないと、「駅まで徒歩10分以内、それも10分に1本は電車がくる駅で」というスタンスだったわけです。

利便性重視だと通常はマンションですが、戸建育ちだったので戸建もなかなか捨てがたい。

そんなわがままなスタンスを通すためには、他を徹底的に妥協しなければなりません。結論は市街地の建売住宅。

「間取りも選べないし狭いし高い。こんなコスパ悪い狭矮住宅、誰が買うんだろう。」かねてから思っていましたが、そんな家をまさか自分が限度いっぱいの住宅ローンで購入するとは因果なもの。

映えるインテリアが溢れる家に引っ越されたmashley(id:mashley_slt) さん。
www.mashley1203.com

陽の光が贅沢に入るコンパクトな平屋を建築中のRin(id:simple-kurashi)さん。
www.rinsimpl.com

こだわりマイホームのブログを拝読していると、家そのものも大事にしておけばよかったかなと、うらやましく思えることも・・・。


せめてボードゲームのなかだけでも夢のマイホームを、ということで、今回は家づくりがテーマの「ドリームホーム(Dream home)」です。
f:id:bg4kids:20180430102125j:plain

夢のマイホームを建設しよう!

ドリームホームのテーマと目的

あなただけのマイホームを作りましょう。

ボードに好きな部屋やインテリアのカードを選び、あなただけの家をデザインしていきます。

ただ今は空前の建設ラッシュ。資材はご近所さんとの取り合いです。好きな部屋が選べるかは先着順。

ライバルに負けない夢のマイホーム実現に向けてがんばりましょう。

内容物

f:id:bg4kids:20180430102211j:plain

ゲームボードは家の図面を模したもの。カードを並べて使用します。

家の形をしたプレイヤーボードは、人数分の4枚。このプレイヤーボード、一見して3階建てにみえますが、地下室がついた2階建ての家という設定です。


f:id:bg4kids:20180430102152j:plain
箱を開けた内箱も家の形。コンポーネントがキレイに入るようになっています。

f:id:bg4kids:20180430102219j:plain
カードはちょっと小ぶりなサイズで、部屋カード資材カードの2種類に分かれています。

ピアノやジャグジーなどの家を彩るアイテムが装飾チップ

オレンジ色の家の形をしたのが、スタートプレイヤーマーカーです。

あとは、得点計算ガイドになるサマリータイルと得点計算用紙がついています。

準備

個人ボードをそれぞれ1枚ずつ受け取ります。

部屋カードをシャッフルし、ゲームボードの上側に置きます。うち4枚をオープンにして並べ、残りは山札です。

資材カードはゲームボードの下側。5枚をオープンにして残りは山札になります。

一番若いプレイヤーが家の形のスタートプレイヤーマーカーをもち、準備完了です。

f:id:bg4kids:20180430102338j:plain

ゲームの流れとルール

ボードに部屋カードを配置していき、それによって獲得できる得点を競います。

12ラウンド制で、スタートプレイヤーマーカーをもったプレイヤーから時計周りに順番が進行します。

手番では、ゲームボードに並んだカードの、縦に並んだ部屋カードと資材カードのペア(左端のみ部屋カード1枚のみ)の好きなペアを受け取ります。

f:id:bg4kids:20180430102352j:plain

受け取ったカードは、すぐに自分の家ボードに配置していきます。
f:id:bg4kids:20180430090438g:plain

部屋によっては、カード下部に記載されていますが、2枚3枚並べる(部屋の拡張)ことで、得点がアップしていくものもあるので、うまく狙っていきましょう。

ただ配置にあたっては、「下の階から置かないといけない」などのルールがありますので注意。
f:id:bg4kids:20180430103011j:plain


資材カードにはいろいろな効果があります。例えば、屋根カードであればゲーム終了時のボーナス。

装飾品カードであれば、ピアノや絵画のように装飾チップを部屋に置くことができます。
f:id:bg4kids:20180430090126g:plain

順番が一巡し、全員が配置を完了したらラウンド終了です。

なお、左端のカードを受け取ることを選択したプレイヤーはスタートプレイヤーの権利をゲット。マーカーを受け取り次以降のスタートプレイヤーとなります。

ゲームボードのカードをセットし直して次のラウンドを開始します。

勝敗

部屋が全て埋まる12ラウンドでゲーム終了です。

ラウンド終了時に効果がある資材カードもありますので、それらの効果を適用したら得点計算です。

配置した部屋と装飾チップの得点を基礎に、屋根などのボーナス得点を加えて得点を計算し、得点が一番高いプレイヤーが勝利します。

f:id:bg4kids:20180430102457j:plain

家づくりについ夢中になるファミリーゲーム

配置するのがタイルかカードかの違いはありますが、マイボードに好きなピースを埋めていくところは、キングドミノとシステムが似ているかも。
www.boardgamepark.com

プレイヤー間の直接攻撃もなく、資源獲得競争が基本で、不利なリソースを獲得すれば次の順番で優位に立てるところも似ています。

ただ、王国づくりと家づくりという全く違うテーマなので、キングドミノとはゲームの雰囲気は全然違うものに。部屋が増えていき自分の家が完成していく様は、まるでままごとのような楽しさがあります。

f:id:bg4kids:20180430085909g:plain

ドリームホームの順番争いはなかなか熾烈。4人プレイで4番目になると、残り物のカード。配置できない部屋は、裏返して空き部屋となるので全く見栄えにも得点になりません。

なので、資材カードがもらえなくとも、みんなスタートプレイヤーを奪いにいくわけです。

いろいろな部屋カードのデザインがあるので、「うちの家にゲーム部屋は必須でしょ!」「やっぱゴージャスにワインセラーだよね」と、得点は度外視で気に入ったカードをとりにいきたくもなります。

家づくりというワクワクするテーマは誰でもわかりやすく、ルールもシンプル。大人も子供も楽しめるファミリーゲームとしておすすめできる作品です。

項目 公式表記 コメント
年齢 7歳以上 6歳くらいから遊べるかも
時間 30分
人数 2-5人
日本語化 カードの説明は言語依存
項目 評価 コメント
ルールの易しさ ★★★★☆ 比較的簡単
大人も楽しい ★★★★☆ 大人も子供も楽しめる
2人でも楽しい ★★☆☆☆ 2人だと順番争いがゆるいかも
総合評価 ★★★★☆ 家族で楽しめるファミリーゲーム

ドリームホーム 完全日本語版

ドリームホーム 完全日本語版