読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親子ボードゲームで楽しく学ぶ。

世界のボードゲーム・カードゲームで遊び、家族でコミュニケーションしながら知育。おすすめの「初心者や子供でも楽しいボードゲーム」「大人でも楽しめる子供ゲーム」などライトなアナログゲームのレビューです。

蓮園に美しい花を咲かせよう。カードゲーム「ロータス(Lotus)」

ロータスとは蓮(ハス)のこと。

「秘密の蓮園にある神秘の花を手に入れる」というテーマで、カードを花弁にみたてて花を作っていくカードゲーム「ロータス(Lotus)」です。

f:id:bg4kids:20170513104407j:plain

パッケージはどこか幻想的なイラストですね。

うちの子には「なんか気持ち悪い」と不評でしたが・・・。

美しい花を咲かせて摘みろう

内容物

カード

ロータスでは、プレイヤーは赤、青、黄、緑の4色に色分けされています。

プレイヤーごとに裏面が4色のカードが用意されており、これを使ってゲームを進めます。

裏面がグレーのカードはプレイヤー共通のワイルドフラワーカードです。

それぞれのカードは、表面は5種類の花びらになっています。
f:id:bg4kids:20170513114450j:plain

カードの左肩には、数字と虫マークがついています。

数字は、この花を完成させるのに必要なカード枚数です。

虫のマークは、後述しますが花を支配する力をもつ守護虫のマークです。
f:id:bg4kids:20170513114507j:plain

守護虫コマ

プレイヤーが花の支配権を獲得するために、力を借りる守護虫のコマです。

各プレイヤーの色ごとに、トンボ、テントウムシ、チョウ、イモムシの4種類の守護虫コマが各色2つずつ。

これに加えて1つで2匹分の力をもつシルバーの長老の守護虫が特殊パワーを手に入れると使用できるようになります。

f:id:bg4kids:20170513114621j:plain

特殊パワトークン、得点トークン

花の支配権を得ることで手に入るボーナスである、特殊パワートークンと5点の得点トークンです。

f:id:bg4kids:20170513114617j:plain

準備

プレイヤーは好きな色を選び、その色の守護虫コマ2つとカードを手にとります。

カードから4枚めくり最初の手札とします(画像ではオープンになってますが実際は手持ち)。共通のグレーのデッキからはワイルドフラワーカードを4枚めくって前にオープンにすれば準備完了です。
f:id:bg4kids:20170513115122j:plain

ゲームの流れ

順番に手札から花びらのカードを出して重ね、花を咲かせていきます。花びらが全部そろったら完成で、そろえせた人がカードの花を摘み取ります。

花が完成した際に守護虫の数が一番多い人は、花の支配者となりボーナスを獲得。摘み取った花びらとボーナスでの得点を競います。


順番では、以下の3つの行動のうちから2つを選択します。

A)花びらを置く

手札のカードから2枚まで好きなカードを選んで場に出します。

他のプレイヤーがおいたカードに重ねても構いません。

出したら同じ枚数の手札を補充します。この際に、オープンになっているワイルドフラワーカードから補充しても構いません。

ワイルドフラワーカードはオープンになっているので、好きな花を選べるメリットがある反面、自分の守護虫マークはついていないため、花の支配には効果がないカードとなります。
f:id:bg4kids:20170513120641j:plain

B)守護虫を置く

自分の守護虫を1つ、場に出ている花びらのうえに置きます。

置くにあたっては、すでに他の花びらにある守護虫を、移動させても構いません。
f:id:bg4kids:20170513120736j:plain

C)手札こカードを交換する

自分の手札のうち2枚まで選び、自分の山札の1番下にもどします。

そして自分の山札から同じ枚数をとって補充します。

花の完成

花びらが全部そろったら、花の完成です。花びらのカードの左肩にある守護虫マークと、置いた守護虫コマの数を合計し、一番多いプレイヤーが花の支配者となります。

花の支配者は、ボーナスとして特殊パワートークンか得点トークン(5点)を1枚選択してもらいます。

また、最後の花びらを置いた人は、花びらのカードを手に入れます(1枚1点)。

f:id:bg4kids:20170513124513j:plain

勝敗

誰かの山札がなくなったら最終ラウンドとなり、各プレイヤーの順番が1回ずつ回ってきて終了です。

手に入れたカードの枚数と、5点の得点トークンを合計して、一番多い人が勝者となります。

シンプルで美しく悩ましい

花を完成させればカードがもらえて3〜7点。できるだけ花をたくさん完成させるのが勝利の近道です。

そのためには、自分が花びらを最後に置くプレイヤーとなる必要があります。

f:id:bg4kids:20170513133835g:plain
最初は適当に花びらを出していきますが、花が完成近くなってくると、みんな自分が最後の1枚になるために出し渋り。

2枚ためて一気に完成させる戦略が基本ですが、相手も同じことを考えているから、そうはうまくはいきません。相手の出方をうかがいながらの駆け引きです。


花の支配者になった際は、特殊パワーか5点のどちらかを選択できますが、このボーナスを巡っての守護虫の置き方もなかなか悩ましいです。

特殊パワーは「一度に3枚以上のカードを出せる」など、ゲームの展開を左右する強力な力をもっていますし、得点トークンの5点も勝負を左右する差になるのでこれも捨てがたい。

基本は花びらを置いていくだけのシンプルなルールですが、ボードゲームの醍醐味であるジレンマがなかなか効いています。

f:id:bg4kids:20170513121319j:plain
※実際は花が完成したら摘み取るので、完成した花がたくさん並ぶことはありません

カード枚数と5点トークンだけの得点計算も簡単で、何よりカードを円形に並べて花にするのがビジュアル的にもきれいです。ライバルへの直接攻撃もないので初心者にもおすすめできるカードゲームです。

項目 公式表記 コメント
年齢 8歳以上 6歳くらいからできるかも
時間 30分
人数 2-4人
項目 評価 コメント
ルールの易しさ ★★★★☆ 誰でも簡単です
大人も楽しい ★★★★☆ 大人が楽しめます
2人でも楽しい ★★★☆☆ 2人でも楽しい
総合評価 ★★★★☆ 美しく悩ましい

ロータス 日本語版

ロータス 日本語版