読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親子ボードゲームで楽しく学ぶ。

世界のボードゲーム・カードゲームで遊び、家族でコミュニケーションしながら知育する子育て。おすすめの「子供もできる大人ゲーム」「大人でも楽しい子供ゲーム」を紹介します。

平安もとい江戸時代からの伝統シルエットパズル「清少納言の知恵の板」で図形の感覚を養おう!

パズル

ボードゲームで遊びながら小学校受験に挑戦するボ受験チャレンジも、本格的な取り組みが遅いのもあって、あっという間に終盤。

そろそろ仕上げにかからないと、というわけで、最近は遊ぶのは控えめにして、アウトプットに若干シフトしています。

www.boardgamepark.com

だんだんとうちの子の苦手な分野もわかってきました、「図形」です。

「この図形をつくるのに必要な形を3つえらびましょう」
「この図形には、左の三角形が何個はいるでしょうか」
というような問題です。

時間もないし、とにかく問題をやって慣れるしかないかなと、市販の問題集を買ってきました。

ところが、表紙をめくると、こんな記載が待っていました。

この問題集に記載されているような図形に関する問題は、実際に問題を解いても、なかなか身に付きません。

パズルなどを遊んでいくなかで、徐々に感覚を養っていきましょう。


身につかない問題集なんて売るなよ!


要は「別でパズルを発売しているからそっちも買ってね」ということのようです。

もちろん推奨品は買いませんでしたが、問題を解くのもそこそこに、またゲームに戻ることにしました。

清少納言の知恵の板

というわけで、シルエットパズルゲーム「清少納言の知恵の板」です。

脳トレ対戦ゲーム 清少納言
頭に「清少納言の」がついていたので、はじめて聞いたときは、どうせ「アインシュタインの~」など、売り込みのために清少納言の名前を使っただけだろうと思いました。

しかし、実は昔からあるパズルゲームでした。

ただ、平安時代の清少納言が作ったというわけではなく、江戸時代からあったパズルのようですね。
http://www.chronos.co.jp/kenno/introduction.html

江戸の浮世絵師、喜多川歌麿の絵にも、女性が遊んでいる姿が描かれています。

f:id:bg4kids:20170119070825j:plain

でもまぁ、結局のところ、江戸時代に平安時代の清少納言の名前を使ったわけで、清少納言ご本人にしてみると、そんなパズルは見覚えないという感じですね。

シルエットパズルといえば中国発祥といわれるタングラムが有名ですが、「清少納言の知恵の板」も正方形を切って使うパズルで、切り分け方がタングラムとちょっと違っています。

内容物

パズルピース

大きめの箱の中には小さな箱に小分けされていて、厚紙製のパズルが入っています。

今回購入したものには、なぜかおまけとしてゴールド色が1色追加され5種類となっていました。
f:id:bg4kids:20170120074907j:plain

お題カード

問題が記載されているカードです。国産ゲームには珍しく、大きな紙から切り抜いていくスタイルです。
f:id:bg4kids:20170120072600j:plain

得点小判

得点を計算するチップです。こちらも切り抜きスタイルです。
f:id:bg4kids:20170120074916j:plain

準備

お題カードを裏向きにしてテーブルの中央におきます。

各自で、好きな色のパズルを手にとって、遊ぶラウンド数を決めれば準備完了です。
f:id:bg4kids:20170120072613j:plain

ゲームの流れ

お題カードを一枚表にして一斉にパズルがスタートです。

めくったお題に相当する形を作っていき、完成した人から「完成」を宣言します。
f:id:bg4kids:20170120071224j:plain

勝敗

完成した順番に1位から3位まで、3点、2点、1点の小判をとります。

はじめに決めたラウンド数の勝負が終わって、合計得点が一番高い人が勝ちです。

なお、得点計算が面倒なのと、得点用の小判チップが安っぽいので、わが家では1番にできた人が勝者カードをもらい5回先取としています。

18世紀のパズルもなかなかあなどれぬ

お題にそって作るパズルといえば、以前に紹介したウボンゴがあります。

しっかりしたコンポーネントと宝石型特典チップのウボンゴに対し、ペラペラのお題カードや小判の清少納言、コンポーネントの質はやはり本場ドイツゲームにはなかなかかないません。
www.boardgamepark.com

しかしながら、内容に関しては、有名ボードゲームのウボンゴに、負けずとも劣らぬ出来で、なかなか楽しめます。

ウボンゴのように幾何学的なお題ではなく、「ヤジロベエ」「提灯」など、名前がついた形を作っていくところが、まず親しみがわくところです。

お題カードには、使うピースの一部をヒントとして明示してあり、そのヒントの数で緑カード、青カード、紫カードの3レベルに分けられています。

一番難しい紫カードの問題は、大人も唸ってしまう難しさ。

すぐに作れそうなのですが、取り組んでみると、意外にできない。

自分の頭に中にある並べ方でうまくいかなかったら、きっぱり忘れてまた試行錯誤。最後はヒラメキがものをいうのかも。

早解き対戦パズルは、1人で遊ぶよりやはり盛り上がります。価格も割とお手頃なので、誰でもできる脳トレ的なゲームを探している方には、おすすめです。

項目 公式表記 コメント
年齢 4歳以上 4歳だとパズルとしては難しいかも
時間 20分~ 考え出すと結構時間がかかります
人数 1-4人 やはり対戦が面白い
項目 評価 コメント
ルールの易しさ ★★★★★ 誰でも簡単
大人も楽しい ★★★★☆ 大人でも難しい問題も
2人でも楽しい ★★★★☆ 楽しい
総合評価 ★★★☆☆ 江戸時代からあるだけは

脳トレ対戦ゲーム 清少納言

脳トレ対戦ゲーム 清少納言